2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーリング愛好会へのいざない

monday_bowling.jpg


マンハッタンのユニオンスクエア付近にはボーリング場がひとつあります。
以前から存在は知っていたのですが、わざわざボーリングもねぇと
今ひとつ乗り気になれなかったのが事実。
ボーリングといったら、小学校の頃、横須賀のおばあちゃんの家に
遊びに行った時に親戚と一緒の娯楽タイムで遊んだ思い出が。
潮風の吹く中のボーリングは気持ちが楽しかったなぁ。
あとは休日に見る東京12チャンネルのボーリング番組。
プロボーラーのタナカリツコさんのなびく髪とミニスカートが素敵だった。
(訂正:日本の姉から指導がはいりました。プロボウラーはナカヤマリツコさんの間違いでした!!ボウリングの女神・中山律子さん申し訳ございませんでした。)

「ねえちゃん、何してんの?ボーリングいかない?」
とYuko嬢からお電話を受ける。
「ぼぼぼぼ~りんぐですか?はぁ」
と言いながらやってきたのはBOWLMORというボーリング場。
看板がついているのは知っていたけれど、本当にこんな所に
本格的なボーリング場があるのかい?と半信半疑で中にはいれば、
うわ~、本当にボウリング場です!!
オラびっくらしたなぁ~、と田舎のお姉さんの様に興奮してしまいました。
この日集まったのはギタリスト・トッド兄さん、Yuko嬢、野人カメラマン。
ヌーヨーク・ボーリング愛好会の第一期生の誕生です!!(メンバー募集中)
ここでピザとかフレンチフライとか食べながらビールを飲む、そして投げる!!
油のついたてで気にせずにボールを投げる気軽さ。
そしてみんな口程にないメンツばかりで、最初は全員80点代というへなちょこぶり。
途中からトッド兄さんは勝負の大魔王が空から降臨してきたのか、
見る見るうちに顔が真剣になり、ぶつぶつと念を唱えていました。こあい。

100点代が出た事がないワタシのジンクスを見事に破り、
今回は105点でましたぁ~。
決めてはやっぱり投げた後の決めのポーズです。
あの足をクロスしてしばらくボールの行方を見守る儀式。
ホントにこれやったら点数がよくなったんだってば。
3ゲームやって全てスコアがトップだったのはYuko嬢。昔かなり通っていたらしい。
若い頃マイボールを持っていたと噂がある野人カメラマンは「腰が~」と
言いながら徐々に調子を上げてるも前半は全然ダメ。
トッド兄さんはいつもビリ...。だが気迫がスゴく、集中力だけでピンを倒せそうだ。

なんと月曜日は24ドルで夜の9時から1時まで投げ放題。(靴代込み)
みなさんもいかが?

次回はヌーヨーク・卓球同好会のお知らせをお送りします。


__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング←こちらのホピダスからも
1200円




スポンサーサイト

パーティーはまだまだ続く

birthday09.jpg


クリスマス後の余韻パーティー及び、ワタシの誕生日をちょろっと
お祝いしてくれるという友人の粋なハカライでイーストビレッジへお出かけしました。
なんとなく嫌な感じの冷たい雨の夜、
出かける前に靴の選択に迷うワタシ。
長靴にしようかなぁ。う~んでも一応ブーツにしようとでかけましたが、
2分位外を歩いた時点ですでに後悔。
なんか水がしみて足が冷たい。
この時点ですでにちょっとブルーになる。
寒くないように防寒をしっかりしても足元がこんなじゃ全て台無しじゃ~ん?
それより穴がどこぞにあいていると思われる古いブーツを履いている自分が見窄らしくて厭にならぁ。

パーティーの場となる建物の管理人であるロン先生の秘密の集会部屋へ。
奥にはステージがあってドラムやらキーボードやらギターやらが設置されています。
こんな秘密の基地みたいなお部屋、子どもの頃憧れていたよね。
ユウコ嬢(ピアニスト)やギターを弾くトッド兄さん等のリハーサル室にも
なっているようですが、いい大人がよってたかってワイワイと楽しんでいる姿は
非常に爽快感があるというものです。
ワタシも昔はギターというモノをたしなんでおりましたが、
ここ何年も触っておらず、もう何もかも忘れてしまったような状態でした。
トッド兄さんはそんなワタシにUSBギター(白いエレキだぜ!)を
惜しみなく貸してくれたのです。

この日会えたのはいつものメンバーの絢子ぬん(with レミッコ一歳)、あやちん、葉にゃ。
「ブーツでも買って」とDSW(靴屋さん)のギフトカードをいただいてしまったのです。
ああ嬉しい。死ぬ程嬉しいです。
ああああああり~がとう~♪(やっぱりここは水前寺清子風)
ワタシは早速DSWでカウガール・ブーツを捕獲しました。
捕獲と言っても「投げ縄」をグルグルまわしたわけではなく、
みんなのギフトカードをありがたく使わせていただいたので誤解なく!(しないって?)
「猫の人へ」と書かれたカードを添え、真っ白でふかふかのマフラーと手袋を贈っていただいた
唄うたい姫のトモニュークス星人。この白いアイテムは雪男とおソロイの意味があるのだそうだ!!
この日はうっとりと柔かな唄もご披露いただきました。ウサギ顔のハンサムさんとご登場。
ピアニスト&メイクアップアーティストのGoheiちゃんからは白いバラの花。
ワタシの好きな白いお花...。
彼にはなんだか知らないがパーチー会場にて突然「モダンメーク」を施してもらったのです。
何がなんだかよくわからない状態でモデルさん気取りでお写真を撮られていましたが、
帰宅して鏡をみたら「ぎゃ~!!誰だお前!?」と悲鳴をあげました。
この写真、アップしようと思ったけれどやめておこう...。

先日のカニ鍋パーチーを主催してくれたユミーガと相方ミンミンも登場。
ユミーガの鍋は豪勢にも「タラバ蟹」タップリ仕様!!
朝からチャイナタウンで野菜やワンタンやタラや蟹なのどの魚介を揃えてくれて、
私たちにふるまってくれたのでした。
「化粧するヒマもなくてさ」ってスッピンだったユミーガのおもてなしに
ワタシはえらく感動したというわけですが、その後今度はうちで鍋をやりましたが
「タラバ」に手が出なかったので「ズワイ」で我慢してもらったという経緯があります。
でも鍋って本当に旨いね。楽しいし。
寒い所に住むのは時に辛い事も多いけれど、鍋食べて雪見酒っていうのもいいものです。

このパーティーを企画してくれたユウコ嬢にも絶大なる感謝。

誕生日は一年に一度来る自分のための一大イベントですが、
「この年になってありがたいのかどうか解らない」などと言って気取っておりましたが
結論、やっぱりありがたいなぁ、この年まで生きて来れて良かったなと感謝しています。
言葉では伝えきれないたくさんの感謝の気持ちがまだまだい~っぱいありますが、
少しでも時間を共有してくれた人たちに、どんな風に「ありがとう!」を伝えていいのか、
未だよくわかりません。
せめてワタシの大好きなシトたちが困っているときは惜しみなく手を貸したいなと思う。
そして来年は心も体も財力も力持ちになれるように頑張ろう。

このブログに遊びにきてくれる方たちにもたくさんの感謝の気持ちを込めて、
来年も皆様にとって素晴らしい一年でありますように!!
よいお年を!!

__
コラムニスト渡辺葉さんが書かれている「猫びより」(日本出版社)のCNNという記事に
うちの猫たちについて掲載していただきました。
素敵な猫さんの話題満載の雑誌ですよ~。




__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング
1200円




«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。