2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海はよ〜海はよ〜(猫と鯨てぬぐい出来ました)

nekokujira-tenugui-image03s.jpg


猫と鯨
日本手ぬぐい
本染め(注染)

新作できあがりました。

すでに一部では販売しておりますが、ブログでも紹介させていただきます。



nekokujira-tenugui-image01s.jpg

広げるとこんな具合です。


使えば使うほど味がでてくる日本手ぬぐい。
自分用の一枚も二回ほどお洗濯してクタッとしていい具合に仕上がって来ました。



パッケージにもステッカー貼りました♪

tenugui-blog-S.jpg


はじめて本染め・注染をお願いして染めてもらいました。
出来上がりまではドキドキ。
思った通りに仕上がってくれてホッとしました。
注染は昔ながらの技法で人の手で染料を上から注いで絵柄を付けていくそうです。
納品された手ぬぐいたちを一枚一枚見ていますが、
同じような染め加減がひとつもありません。
悪い意味ではありません。
ちょっと濃いめに出たり、少しかすれている所が出来たり、
人の手で作られているという暖かみがあるのです。

また新しい絵柄でも挑戦したいです。(資金を作ってね〜...♪)


猫や透明堂でオンライン販売しております。
一枚1050円です。
よろしくお願いいたします。
http://nekoyatoumeidou.cart.fc2.com




スポンサーサイト

100%ちょい足らずの天然な君へ

burtsbees.jpg


できるだけケージフリー(放し飼い)のたまごを購入する、
できるだけ天然成分でかつ動物実験をしていないシャンプーを購入する。

この二つはワタシが個人的に普段から気にかけていることです。

そして蜂蜜ラヴァーなワタシが選んだヘアケアは、
BURT'S BEES(バーツ・ビーズ)プロダクトです。

今使っているのはグレープフルーツと砂糖大根を成分にしたシャンプーと、
二分でリペアしてくれるシアバターとグレープフルーツのコンディショナー。
このセットで使っているうちに、髪の毛が健康になってきた気がします。
翌朝さらっさら~ですよ♪

バーツ・ビーズは全製品を平均して99%の天然成分でできています。
人体に有害とされる化学的な成分は一切入っていないそうです。
化学薬品をつかった製品や合成シャンプーなどは体内に有害物質を
蓄積させるというようなことを聞きますが、これに反対している意見も当然耳にします。
(特に女性特有の疾患との因果関係とか)
そんなのは迷信だという意見もある。
本当かもしれないし、まったくの迷信かもしれないし。
科学的なことの真偽はわかりかねます。

が、

んーでも、やっぱり天然成分の方がいいや、と思ってワタシは選んでいます。
フリーラジカルの法則も考えたらやっぱり。
メイク用品や洋服を滅多に買わない現在、唯一自分で贅沢をしている部分です。
2ドルで買える合成シャンプーを使っている頃にくらべたら、
髪質も体調も調子がいいように思います。

気のせい?
まあいいや。好きで使ってます。

一度は雪男を洗ってみたい。
バーツビーズのシャンプーでね...わしわしとね。
(ちなみにこのシトは200%天然です)

burtsbees03.jpg



これはザクロ成分のシャンプー。
ちょっと甘めの香り。

burtsbees02.jpg


フリーラジカルとマヌカ・ハニー

manuka-honey.jpg





最近は横着して隣りのドラッグストアで捕獲したこのシトを愛用していました。
はちみつ伯爵(きりっ!!きりりりりっっ)

02honey.jpg

はちみつ伯爵はクローバー出身のあっさりタイプ。
安価なので夏場のアイスコーヒーに惜しげも無く使えます。


しかし今日はパンだけを買いにビタミン屋に行ったつもりが、
つい足がよろけて蜂蜜棚の前まで。あーれぇ~っ。
というわけで今日のはちみつさん。
ニュージーランド産マヌカ・ハニーです。

manuka.jpg

このはちみつのスゴイ所は抗菌作用に優れていると言われている点です。
風邪や胃腸炎、ノドの痛みにも効果的らしい。
頼もしい彼、うふふ。
マヌカ・ハニーはその名の通り「マヌカ」の木に咲いた花から、ミツバチたちがせっせと採取した蜜でできたモノ。
ニュージーランドの先住民であるマオリ族は、古くから薬用として使用してきたマヌカという植物。可愛いうすいピンクの花を咲かせてくれるようです。

マヌカ・ハニーの定義って色々あるみたい。
まあそこは追々勉強するということでひとつ。
抗菌作用に加え、抗酸化作用にも良いパフォーマンスを見せてくれるらしい。
ラベルによると...
「優れた抗酸化作用がフリーラジカルを中和して、様々な疾患と戦うための助けを担っています」

ふうん。すごいね。
ところで「フリーラジカル」ってなんだっけ!?
学生時代の科学の授業を、お絵描きの時間として過ごしてしまったワタシにとって、
科学用語にピンときません。が興味深い言葉、フリーラジカル。
話が原子や分子などのミクロな世界に突入してしまいますが、
要するに通常原子核の周りには対をなした電子が存在して安定をしていますが、
時々その電子が一個しかない不対電子を持つ原子が存在します。その現象をフリーラジカルというらしい。
不対電子は安定を求めて他の安定した原子から電子を奪おうとしてペア電子を作ろうとします。
時にはとても過激に反応するそうです。
ペアを奪われたその物質は「酸化」してしまう。
それが違った形の物質を構成したりして、老化や病気を引き起こす物質が生まれてしまうと言われています。
(こんな解釈であっていますか?科学に強い方。)

フリーラジカルは日常の様々な有害要素が原因で引き起こされるらしい。
合成化学薬品、添加物、ストレス、喫煙、排気ガス、紫外線、
そして放射線によっても。

すみません、マヌカ・ハニーの抗酸化作用が放射線による被曝対策に有効か、
という結論には、この場では達する事はできませんし、
そういう話ではありませんので、そこの所をよろしくお願いいたします。
計らずしてなんだかCoincidenceなお話ですが。

おまけ写真
新聞紙を片付けていたら太朗が...
鳥の巣??

02nekomata-torinosu.jpg


プロポリスと蜂蜜のスパイラル上昇関係

propolishoney.jpg


「正月早々、風邪ひいて寝込んでたよ!」
ワタシの周りの友人知人で、今年の始まりを風邪でスタートした人が何人かいました。
実はワタクシも~。
三日くらい何も食べられずにダウン。
計らずともダイエット効果があったのですが、
今では「そんなことあったっけ?」とシラを切りたいほどモリモリ食べています。
ワタシ、体調が悪くなると一気に食べられなくなります。
逆に絶好調の時はモリモリたべてリバウンド!!
甲状腺が弱いので代謝が悪くて食べると太る。(言い訳か?)
おまけに体質的に炭水化物が無いと生きて行くのが辛いのです。
あ~、i love 炭水化物。
おまいがいないとこの世は淋しい~。
「ご飯が美味しい」というのは本当に幸せなことですね。

心身ともに健康に過ごす為に、
最近ではプロポリス入り蜂蜜をなめたり、
ビタミンBコンプレックスやマグネシウムのミネラルも
せっせと摂っていますよー!!

最近考えること。
生き物はこの世を去ったらどこに行くのかしら、という疑問です。
命がつきたらソレはソレでおしまい?
それとも魂は生まれ変わってまた誰かになるのかしら。
もしくはお星様になっちゃうの?
「終わったらおしまい」というような気がしていました。
でもそれではちょっと淋しい気持ちがするから「前世」というようなものが
存在するのかな、と考えてみます。
でもそれは人間の勝手な都合に合わせた解釈のような気もする。
この世はあの世に行くための修行の場、という人もいたと思います。
本当にそうなのかな。どうだろうか。
「人生は一度しかないから、思いっきり生きる!」というような事は言いたくないのですが、
例えば大事な人が死んでしまったとしたらどうしますか。
悲しみにくれていても、止まっている事はできないのだと思います。
この世は今現在生きているモノたちのものだから、というのがワタシの結論です。
辛くても悲しくても前に進んで行かなければいけないと思いました。
「故人はあなたの心に生き続ける」という台詞は、故人のためにあるのではなく。
あなたのためにあるということなのでしょうか。

自分勝手な解釈ですが、だからワタシは前に更新...じゃくて行進中でぇ~す。

とまあ、風邪をひいたりして寝込んでいると、究極の疑問をつらつらと考えてしまう事がありますなぁ。ゆっくり休めない性質なのか、それとも休みすぎて眠りが浅いのか!?
風邪ひくと食べたいもの「うどん(炭水化物)」を摂って、小さいニルバーナの世界に到達するのが最善ですね、はいっ。

ぐーぐーとイビキをかきながら、小さなニルヴァーなに達した雪男?
美しい雪男の由緒正しいヨダレに注目~

yukio-yodare.jpg


NY地下鉄とアパート探し

apartment_hanting.jpg


今、ワタシは引っ越しにあたりヌーヨーク内で賃貸アパートを探している所です。
普段はあまり行かない土地へ地下鉄で行く事が多くなっています。
路線工事になれば週末や夜中には運行状態も悪くなりますが、NYは24時間地下鉄が動いているので、基本的には終電を心配する事はなくとても気楽。かつて「NYの地下鉄は危険」というレッテルが貼られていましたが、今ではよほど危ない地域に行かない限り、夜中でも女性一人でも安全に移動ができるようになっています。それは「安全に乗る」というルールに従っての事だとは思いますが、それは世界中どこにいってもつきまとう危機管理というモノなのだと思います。
NYでは5地区で走っている地下鉄はアルファベットの名前がついているのが約15路線、数字の名前がついているのが7路線、全部で約22種類の地下鉄が通っています。
当然路線によって評判がいいものとイマイチなのがあります。
物件を探すにあたり、どの沿線上にするか、そして徒歩圏内で複数の路線にアクセスできるかどうかとかがとても大切になってくきますよね。

一目で分かるヌーヨークの地下鉄路線図

アルファベットの路線で、「T」というラインはありませんが、
何年か前に、マンハッタンの東を南北に走る路線ができるというウワサがあったのですが、
あれはどうなったんだろう、とふと思う。
そしてGという黄緑色の路線、これはブルックリン区とクイーンズ区を
何となく南北っぽく走るラインですが、これが配線になるとも言われていたけれど今でも健在です。
(実際この路線がなくなると大変だよね)
地下鉄に関していろんなウワサ話はありますが、
突然いままであった路線が廃線になるコトがあったりもします。
最近も突然なくなってしまったのが「W」と「V」。
ワタシの生活スタイルにおいてこの二つが無かったら生活に困るほどの事ではありませんが、
結構普段から利用していたラインだったので、消えてしまったらすごく寂しい~気持ちになりました。
この廃線決定権って誰にあるんだろう?(やっぱりマイケル・ブルームバーグ氏?)

というわけで、普段ではあまり気にしなかった地下鉄の路線図と
にらめっこしながらアパートを探していますが、
インターネットで最新情報のお部屋情報を見ている時、
ワタシの目が思わず飛び出してしまいそうになったのです。
なぜならアッパーウエストサイド、赤いライン沿いの物件の情報を提供している不動産屋さんが、

「地下鉄、1、9線が通っていて便利です!」

とうたっている部分。
え~...
9番線の赤いラインなんて…無い。
かつては確かに存在していたけれど、何年か前に廃線になっているのです。

ニューヨークの不動産を語るには無くてはならない地下鉄の存在を、
プロが間違えるなんて、あり~え~ない~。

ところで9がQと間違えやすかったので、日本語をしゃべる人にとっては「9」が
廃線になったことによって紛らわしい間違いが減ったかもしれませんね。
それにしても家賃って高いですねぇ。くすん。
ヌーヨークでアパートを借りるって言うのは、審査もすごく厳しいのです。
アパートの家賃の40倍の年間手取り収入がある、なんていうのは基本中の基本。
はっきり言って疲れます、このやりとり。精根尽きはてるとはこの事ですねよ。
この間はジューイッシュの不動産屋さんに「君の収入には意味が無いね」と
首を振られてしまったりして。すびばせんね、貧乏で。ほ~ほっほほ。(ふ~っ)

愚痴になって来たので今日はこれまで。以上!!


近所の花問屋の看板猫さん

hanayaneko.jpg


猫と腎臓

01-nekomushi.jpg



今日の話題はちょっと重いよ~。
(最初に言っておく)

「猫がうちに来ました!」と姉からの写メールが来たのは5年程前。
写真をみたらそこには子猫の姿が。
手足が大きくて、「この子は大きくなるね」と思わせた。
子猫はリッキーと名付けられ、思った通りすくすくと大きく成長した。
ワタシが日本に帰ったとき、姉の家にも遊びに行ったら、そこには
こまったようなたれ目のでかい猫が雑然とした部屋(姉は片付けるのが下手)に
悠然と座っている。
リッキーは雪男ほどデカイのだが、雪男と違って抱っこがあまりスキではないらしく、
最初はおとなしかったが、ついにはワタシの腕から暴れ、おもわず巨体を落としそうになった。
ふ~、アブナいアブナい。
まだ若いのでよく遊んで活発。デカイが利発ないい猫だ。

リッキーが腎臓の病気で逝ってしまったと、先月末姉からメールが来た。
色々な経緯があって腎不全になってしまったのだが、
入院した先から帰宅できなかったらしい。
帰ってきたら養生させてあげて長生きしてもらおうと思った矢先の事、
姉は相当落ち込んで悲しんでいた。
自分の家族でもある猫や犬さんが逝ってしまった場合、
「何か他にできる事があったのではないか」と苦しむ気持ちは痛い程わかる。
魂というモノがあるのなら、肉体から解放され自由になる事は、悲しい事ではないのかもしれない。
それでも毛皮に触ったり、にゃ~と鳴くのを聞いたり、肉球の匂いをかいだりするコトが
できない物理的な悲しみを自分自身が消化するには相当な時間がかかる。
悲しみが和らいで、一緒にいた時間の思い出というものが甘く切ない思いでになる時は
必ずやってくると知りつつも。


nekomushi_ricky.jpg

リッキー!!


猫の腎臓はとても我慢強いそうです。
相当なダメージが進行しないと、猫自身が悲鳴をあげてくれないので、
「まさかこんなに具合が悪かったなんて」と気がつかない事がほとんどらしい。
猫の病気のトップに腎臓病があります。
5歳をすぎた時点で腎臓の機能が徐々に衰えて行くそうなので、
定期的な検査をすることは大事だと姉の獣医さんは言っていたそうです。
腎臓は体内の有害物質を濾過してくれる大事な装置です。
たんなる濾過装置だけではなく、老廃物と有用な物質(ブドウ糖やアミノ酸など)を
選り分け、一方は捨てもう一方はまた血液に戻すという役目も担っています。
もともと猫はそれほど水を必要とせず、体内で水分調整され、とても濃いおしっこを
少量するのだそう。それが負担をかけ、10歳を過ぎた猫のほとんどは腎臓にダメージが
あるらしく、また食事との因果関係を指摘する研究者の方もいらっしゃるそうで、
現在のカリカリドライフードなどに入っている植物性タンパク質が老廃物を多く作りだし、
腎臓に負担をかけているという説もあります。
アメリカでのキャットフードには「No Grain」穀物が入っていません、という表示を
よく見かけます。猫は元々肉食なので、動物性タンパク質が中心の食生活が好ましい、
というコト。

そういえば21歳であっぱれに命を全うしたユウコ嬢の最愛の猫、ゴジラも最後は腎臓でした。
(ゴジラの場合は老衰って言った方が良いのかもしれないけれど)

腎臓について、もう少し調べてまた書きます。
今日はこの辺で、ごきげんよう。(←ユミーガの真似)

鼻洗浄の話のつづき

sinus_irrigation.jpg


前回の「ヨガのありがたい教え、鼻洗浄。」の記事のfollow upです。


「私は自家製鼻洗浄機を作りました...(中略)...コンタクトレンズのソリューション液が空になったのを利用して...」by Yuko嬢。

ポットもコップも難しそうだったので、ボトルを押して噴射するタイプの
鼻洗浄キット(塩100パック付)を購入。
Yuko嬢のようにコンタクトレンズの液の空きボトルで作ろうかと思ったが、
あ、ワタシったらコンタクトレンズ使ってないじゃないですか、と気づく。
薬局にコンタクトの液を見に行ったら同じ値段くらいで鼻洗浄ボトルが
売っているし。それじゃこっちを買うよね、人として。たぶん、きっと。

生命体の治癒力を信じて、人の手による「洗浄」とかは
どうなのかしら?と思っていました。
かえってイミューン・システムを弱めるのではなかろうか、
と疑問に思っていたのです。(だからいまだ腸内洗浄とかはよくわかりません)
しかしサイナス...副鼻腔の炎症とかポリープとか、
一度ダメージがあった所を再び修復するために洗浄は効果的だと思い、
ついに鼻洗浄に手がのびてしまったというワケです。
どうしても鼻の中の乾きとプレッシャーによるアタマイタには堪え難いモノがあったから。

鼻洗浄キットの説明書によると、
「暖かい塩水を使う事によって、サイナス付近や鼻の中の血液の循環が良くなり、モイスチュア・バランスが修復されます。そうすると炎症を起こしたサイナスの組織は癒され、自然治癒力があがっていくでしょう」
と書いてあります。
こんなにうまく事が早急に解決するとは思いませんが、これを読む以上、
なんだか妙な説得力がありますねぇ。

頭痛にも色々種類がありますが、全国のアタマイタでお悩みの皆様、
頭痛薬の飲みすぎをストップされたい方など、一度サイナス(副鼻腔)に
トラブルがないか、調べてみることをおススメします。

*鼻洗浄等は適切な用法に従わないと中耳炎などのトラブル等を
引き起こす事があるそうなので以上の記事は参考まで。
ご興味のある方は専門医さんにご相談くださいませ。


sinus_irrigation_chibi.jpg

チビの鼻は見かけによらず立派なのです。

__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング←こちらのホピダスからも
1200円


ヨガのありがたい教え、鼻洗浄。

nettipot.jpg


皆さん、「鼻茸」って知っていますか?
あら、おいしそうなキノコの話題?なんて言わないでくださいまし。
「鼻茸」とはサイナス(副鼻腔)にできるポリープの事です。
なので決して美味しい秋の味覚の話でもなんでもないので(しかも季節外れ)、
人体におけるパラサイト的話にめっぽう弱い方は今回はご遠慮下さいませ~。

だいたい名前にインパクトがありすぎです。
鼻にできる茸なんて。思春期だったら百年の恋も冷めるキケンあり。
「僕、鼻茸ができちゃってさ」なんて好きな男子に言われたら
どうしよう。また口が裂けても「鼻茸ができた」と言ってはいけない。
始まりにおいての恋というものはシフォンケーキのように柔くて脆い
ものなのであります。

何ヶ月前から体調不良だ~と言ってまいりましたが、
MRI検査をした結果、脳には異常はないという事ですが、
サイナスにポリープ、つまりは、鼻茸...?があるという診断がくだされました。
それでもってサイナスに炎症を起こしているということも言われた。
鼻水がでたりすることもないし、自覚がないので本当?って感じですが、
プレッシャーを感じる頭の痛さの説明がココでできるというワケでした。
ぎゃ!鼻にキノコができたの?
いいえ、本当の菌類ではないのでご安心下さい。

というわけでワタシは先日、10日間の抗生物質治療をおこなってまいりましたが、
このポリープがどうなったのかはまったくわかりません。
だって外からじゃ見えないんだもん。
まだたまにプレッシャーを感じる頭痛があるからなぁ。
まだいるのかい?おまいさん...。

ネティポットという鼻を洗浄する小さなポットがあります。
何世紀にもわたり、インドではヨガの一環として人々の生活で
取り入れられてきたものらしい。
サイナス炎やアレルギ-がある人、または風邪の予防などに良いと
効きまして、この小さなポットと専用の塩を買おうかどうか検討中です。
あまり乱暴に扱うと中耳炎などのトラブルになるので注意が必要と
いう文献も読みました。
でもなんか乾くんですよ、鼻が。
ためしてみようかなぁ。
そういえばこの鼻ポット、ホールフーズの薬局で売っているのを
甥の裕太くんが見て、
「なにこれ!ばかくせぇ!」と言っていたのを思い出した。
鼻を洗うという行為は日本の若者にはちょっと赤面的なものか?
インドでは伝統がある行為らしいですよ~。
試しにYoutubeで探したら、いろんな人がネティポットを使って
鼻洗浄をしている姿をアップロードしているのを発見。
しかもほとんどのシトが面白い顔をしてビデオに映しているし...。
(塩温水の代わりにコーヒーで試しているアホもいた)

体調不良は他にも原因があったのですが、
それはまたの機会ということで~。
皆様もサイナスの健康にはくれぐれもご注意を。


netti_yukioandsofa.jpg

今日の雪男。
はらへったとキャンペーン実施中。

__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング←こちらのホピダスからも
1200円



リコール_サラミ

recall_salame.jpg


先月下旬の話になりますが、
携帯電話にかかってきた電話を取ると、
自動音声が流れてきた。
コスコからのメッセージで、お店で売られていた
ダニエリ・フーズのサラミ製品がリコールになったという内容。
原因はやっぱり「サルモネラ菌」。
今度はサラミ。
やっぱり多いな、食品のリコール in America。
日本のように商業ベースに加工製品の出回りが多い国で
あまりリコールの話を聞かないのは本当に奇跡のような気もします。
日本の食品が安全かどうかといえば必ずしもそうじゃないと思うのですが
その話は置いておいて...、とにかくアメリカでは学校や病院などで
使用される食品でさえも品質管理に危うい場合があるというのが恐ろしい。
無菌室で生活しているわけではないから全ての菌をよせつけないように
するのは不可能かもしれませんが、サルモネラ菌はやばいだろうな、やっぱり。
時々ワタシはホールフーズマーット(オーガニック系スーパー)で売られている
「三回洗っていますよ、このサラダ」シリーズの袋詰めのアルグラを買います。
三回洗っているからキレイデスヨ、って言いたいのでしょうが、
時々本当にこのまま袋から出して洗わずに食べても大丈夫かしら?と不安になる。
野菜も三回洗ったら栄養がスカスカで味もイマイチかも?...
という話は置いておいて。(いや結構おいしいんですよ)

先日すご~く遅ればせながら映画「スーパー・サイズ・ミー」(2004)
を観ました。監督自ら体を張って、30日間マクドナルドで全ての食事を済ませたら
体にどのような変化が起きるだろうかというドキュメンタリー映画です。
結果は悲惨なものでしたが、一日にあれほど大量のジュースを飲んでいたら
糖分の取りすぎでおかしくなってしまうだろ。
S、M、Lサイズの上にスーパーサイズというのがありますが
ワタシは未だかつてそんな巨大なオーダーをしたことはありませんが、
それを子供が食べているというではありませんか。変だよね。
あ、これはアメリカでの話であって日本のマクドナルドの話ではありませんので、念のため。

ある高校では構内にジュースの販売機を撤去したら生徒の行動に
落ち着きがみられるようになったという報告もあるそうです。
食に対する知識が大切なんだろうなぁ。
ワタシはマクドナルドにもたまに行きますが、その映画を観てから
「当分はいくのや~めよ」と、さすがに思ったわけです。
思った矢先、次の日にルームメイトと一緒にマクドナルドでポテトを
つまみ食いしていた、という話は置いておいて...。

話がそれましたが、
アメリカにいる皆様、ダニエリ・フーズのサラミを冷蔵庫にお持ちの際は、
リコール製品ではないかよ~く調べて安全を確認してから食してくださいませ。


__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング←こちらのホピダスからも
1200円




ねんざ注意報

subway_steps.jpg


ヌーヨークの地下鉄の階段は所々でこぼこしていたり、
水を撒いたようにぬれていたりする事が多々あるので恐い。
電車がくる音で皆が走り降りても、慌てては危険です。
慎重にかつ速やかに降りるのが正しい。
さもなければ転びます。

今朝は短いストラップがついた靴をはいて出た。
寒かったけれど靴下無しで、タイツのみをはいて。
着るものは何枚も重ね着しているしているのに、この足元の油断さがニクい。
足首がスースーと寒っ。
早く今年のブーツを買わないと。(昨年のブーツはもう穴が空いている)
今日はまだ殺人的寒さではないからいいけれど、
夜はまたぐっと冷えるだろうし。
外に出かけると必ず「ブーツ、ブーツ」と考えている。
そんな中、地下鉄に乗ろうと思って階段を降りていた時、
冷えて固くなった左足首がぐにゃり。
思いっきり足首を捻ってしまいました~。
足は痛いと感じていていも、頭の中は結構冷静で、
「あ、今回は保険に入っているから病院に行ける」とか考える。
しばらく休んでホームで電車が来るのを待っていたら痛みは
修まってきたので病院には行かなくても大丈夫かも。
あ~よかった。
きっと今よりもうちょっとヤング(死語)だったら、
こんな寒さやNYの地下鉄の階段にも足首は負けていなかったに違いない。
そしてもし私がおばあちゃんだったら救急車に運ばれていたかもしれない。
最近色々考える事が多く、街を歩いていても雑念が消えないので
ぼーっと歩いていたのにも原因があるのかもしれないな。

とりあえず、朝出かける前には屈伸運動でもし、
仕方が無いのでなにがなんでも新しいブーツを購入することを
ここに宣言しておきます。

あ、でも明日はYuko嬢とあやちんとコスコへお買い物♪
さすがにブーツは売ってまいが、
面白いものがあったらレポートします。

__
毎度宜しくお願いします。

四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング
1200円


nekomatacover

amazon.co.jp 猫又指南 / 著・くまくら珠美


CPRについて

cpr.jpg


Fトレインに乗ってイーストビレッジの友人宅に向かう途中、
同じ車両に乗っていた初老のおじいさんが突然奇声を発した。
周りの人はびっくりして固まりつつも様子をうかがっている。
突然陽気が猛暑になって、いつもの精神状態が不安定な人かなぁと最初は思ったら、その瞬間おじいさんは倒れ込んでしまった。
ここで皆が一斉にはっとして「Oh my god!!」と言いながら席を立つが
とっさの出来事にどうしていいかわからない。
ちょうどブロードウェイ&ラファイエットの駅に停まっている時だったので、私は電車が走り出さないように近くの男性と一緒にドアをホールドして助けを呼んだ。

こんな時はどうする?
まずひきつけを起こしているようなら舌をかまないように何かを口にくわえさせる。喉をあけて呼吸ができるように確保する?
「ダメだ、彼はもう息していないよ。逝ってしまったよ」
と誰かが言っている。
え~!!まだ諦めるのは早すぎる。
今言う台詞ではあるまいよ。
おじいさんの顔は白くなり、まったく動かなくなってしまった。

「財布をくわえさせて口を開けさせて!」
近くにいた女性がすっ飛んできてそう言った。
「CPR(蘇生法)の資格があります。人工呼吸をするわ!」
紙ナプキンを探しているので、スターバックスでもらってきた紙を
とっさにわたすと、真ん中に穴をあけておじいさんの口にかぶせた。
その女の人は人工呼吸を始め、その合間にもう一人の女性が
心臓マッサージを交互にやっている。
「お願い、戻ってきてー!!」と祈る。
「呼吸をしだしたわ!」とCPRのお姉さんが叫んだ。
徐々に自分の力で息を吹き返すおじいさん。
ああ、ちょっと安心した。

もしとなりにいる家族、友人、または全く知らない他人が急に倒れてしまったらどうする?
素早い判断でその人を助ける事ができるかもしれない。
そう考えたらCPRの資格を取ろうかなと真剣に考えた出来事でした。

その日、CPRの資格をもっているルームメイトのミカちゃんに聞いたら、
紙ナプキンで口を覆ったのは、普段持ち歩くべきビニールでできた
マウスピース?の代わりだったらしい。
人工呼吸をする人が、何かの病気に感染しないようにいつも持ち歩くべきものがある、と教えてもらいました。

__
すいません、絵日記に「プチ断食」と書きましたが、
気がついたら自分、煎餅をもぐもぐ食べていました。おすっ!

__

四コマ漫画、猫又指南復活しました。


これが掲載していただいた雑誌「ねこ」8月号です。

人気ブログランキングへ
↑思い直してまた参加中です。よろしければ押していってください~。

これが食べたい、と体がおっしゃる。

boildpotato.jpg

出版社でのオフィース仕事を辞め身も心も晴れやかに~...
のつもりが、一度壊れた胃腸はなかなか元には戻らないのね~ん。
身も心も晴れやかになったら懐も軽くなっちゃって、それはそれで胃が痛い。

さて、胃が悪くなると、かえって胃に悪そうなモノを食べたくなったりしませんか?
揚げ物とか。
辛いものとか。
ワタシの場合はそんな感じで、ここの所ずっと体のことをあんまり思いやらない食生活をしてきたと思います。
今日はとうとう体が、
「これでは困ります。やば胃です。」
とおっしゃってきました。

茹でジャガイモ、
スイカ、
体調が悪くなると、この二つが食べたくなる。

友人のユカリーノさんからいただいた本、
『食べ物くすり箱』(阿部絢子さん著)で調べてみると、
ジャガイモは胃・十二指腸潰瘍に効き、
スイカはむくみなどのいいらしい。

へ~、すごいねぇ。体って正直ですね。
最近、自分の顔のむくみが気になっていた所でもあった。
夜のマラソンで汗を流そうかとも考えている今日この頃デス。

体内でスターウォーズ、またはスタートレック、または未知との遭遇。

immune.jpg

怒っちゃだめ~、とはいいつつ、カオスの街を歩くと、自分の顔が恐くなっていることに気づく。

体は小さな宇宙ですね。
毎日、ワタシの体内でもスターウォース並みの戦いが繰り広げられている。

がんばれがんばれ、自分~。

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。