2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の州へお買い物♪

yukio_genkan.jpg


光で雪男の耳が透けている。
「オレもお向かいの家のバーベキューに連れてけ」by 雪男。

今日は女友達とお隣の州・ニュージャージーにある大きな日本食料品店まで小旅行。
日本の美味しいものを集めたフェアをやっていた。
ちばき屋さんの「牛タンラーメン」
大阪・くくるの「たこやき」
あ~、美味しかった。

帰ったらお向かいのアリちゃん宅屋上でのBBQにおよばれ。
天気予報が見事にハズレて雨も降らずに楽しいひとときを過ごさせていただきました。


スポンサーサイト

黒糖コッペパン

jp_kashipan.jpg


仕事の打ち合わせに行くために知人と待ち合わせした場所は
東横線沿線駅の『都立大学』。
ちょっと早くついてしまったので、何か買い食いできるモノはないものかと
改札口付近で見渡すと目の前に東急デパートを発見。
高級パン屋を通り越して二階の食品売り場へ探検をしにいったら、
あるわあるわ、綺麗に並べてある菓子パンの数々!!
ニューヨークにも日系スーパーとかで買えるものの、やっぱりフレッシュさと
品数の点ではおよびません。しかも安いし。
興奮するキモチを押さえつつ、ひとつずつチェックをしました。
どれも美味しそうだし、どれかひとつに決めるのはとても難しい。
でも菓子パンを何十個も入れたパンパンの鞄を持って仕事の打ち合わせには
いけないのだよ、大人として。そうだろ?
一個だけ、買えるのは一個だけだからねっ。
そして観察しているうちに選んだのはフジパンの『黒糖コッペパン』。
小倉コッペパンもメロンパンもどれもこれも美味しそうだったけれど、
なぜか心惹かれてこの方を選びました。
打ち合わせが無事に終わった後のコーヒー屋さんで、アイスカフェラテと
一緒にいただきました。
う~ん、ふんわりパン!!
黒糖がパンに練り込んであるような風味。

ニューヨークでもこういう菓子パンを1ドル位で気軽に買い食いできたらいいのになぁ。ふ~っ。

幸福のソフトクリーム

softcream.jpg


今日はソフトクリームの買い食いのお話。

昨日の夜、ムショ~に食べたくなってですね、いてもたってもいられず、
近くのマクドナルドへ行ってしまいた。あ~、夜のマックのこの罪悪感よ~。
それでもそんな気分はソフトクリームを手にすれば、ぱ~っと忘れてしまうのよ。
さすがに夜9時を回ればお客さんも少ない。
ほとんど待たず注文からお金を払う事ができました。
ソフトクリームがでてくるまで、しばし待つ。
店員さん、少しソフトクリームを巻く作業(盛りつけとでも言おうか?)に
とまどっている様子。もじもじ、どきどき、はやくはやく~。
「ちょっと変になっちゃった、へへへ」と店員さんが出してくれた
ソフトクリーム、形はちょっとガタガタですが、店内の写真より多めに巻いてあります。
わ~い。
他の店員さんもそれをみて笑っています。
私もつられて「ふふふふ~」。
ありがとうと言ってお店をでようとしたら、あとからレジに並ぼうとしていた
男性とちょっとニアミス。
「おっと、ごめんなさい」とお互いに言って、
その男性もソフトクリームと私の顔をみて「ふふふ」と笑っている。
よっぽどワタシは幸せそうな顔をしていたのかも。

ところでここ何年かの間に大人気の、ヨーグルトソフトクリーム。
色々な専門店ができていますが、ワタシはRed Mangoのオリジナルヨーグルトが好きです。
でもちょっと高価なおやつなので、めったに買いません。
特別な日だけの贅沢になっている。
ここのは清潔感もあって、ヨーグルトの味とクリーミーな感じがマッチしていてとも美味い。
綺麗な紙のカップと、真っ赤で可愛いプラスチックのスプーンには、
終わったあと捨ててしまうのがちょっと罪悪感でもありますが~。
ニューヨークでは今年に入って、ヨーグルトソフトクリームの量り売り店っていうのができまして、
デリを改装したようなカフェ内に、ソフトクリーム・マシーンが置いてあるのです。
備え付けの紙カップにお好きなフレイバーのものを、好きなだけ入れる。
うちの近くのそのタイプのお店は1オンス39セント。(1オンス=約28グラム)
安いと思っても、ゆったりすぎる紙カップと、自分でつぐものだからさ、
気がつくと5ドルとか6ドルとかになってしまう。
イーストビレッジで人気が出ているこの手のアイス屋に行った事がありますが、
あんまり幸福感がなかったなぁ。
これならマクドナルドでソフトクリーム(1ドル49セントだっけな?)の方が
断然お得感がありますね。



四コマ漫画、猫又指南復活しました。


これが掲載していただいた雑誌「ねこ」8月号です。

人気ブログランキングへ
↑思い直してまた参加中です。よろしければ押していってください~。

マクロバイオティックな拉麺

soen_ramen.jpg

存在は知っていたけれど、ふ~んと言った感じで、
はりきり勇んで行こうとは思わなかった。

イーストビレッジに新しくできた、
マクロバイオティック・レストランのラーメン店、
Souen Organic Ramen (ソーエン・オーガニック・ラーメン)。

あたらし物好きの野人が「行きたい」といいだしたので、
Yuko嬢と三人で探検してきました。
マクロバイオティックなラ~メンなんて、なんか矛盾している気がするし
どうなの?と行く前から消極的なワタシでしたが、
こんぶ出汁のきいたスープをひと口飲んだら、「あらま!オイシ」。
麺もやさしい弾力があって美味しい。
トッピングはワカメ、ごぼう、にんじん、そしてワタシは湯葉を特別注文。
(しょうゆラーメンの場合です)

野人は味噌、
Yuko嬢はチリアン・シーバスの入ったピリ辛しょうゆ味のラーメンを。
う~ん、どちらもおいしゅうございます。

好き嫌いはあるとは思いますが、ワタシ的には非常に嬉しいラーメン体験となりました~。

余談:Yuko嬢はある種のラーメンを食べると体の具合が悪くなるらしい。NYのラーメン屋さんでは、一風堂さんのラーメンだけが唯一、体調に異変が起きないラーメン屋さんだったらしいが、ソーエンのラーメンを見つけたことで、「食べられるラーメン屋」がひとつ増えたらしい。

Souen Organic Ramen
326 East 6th St.
(bet. 1st and 2nd ave.)

薄いピザをサクサクッと

waldyspizza.jpg


小腹がすいたら何を食べるか?
立ち食いそば屋さんで、ゲソ天ソバでも行きたいねぇ。
しかしここはヌーヨーク、気軽にソバ屋とはいきませぬ。
やっぱりここではピザ。
「ザーピパツイチグモグモする?」(訳:ピザでもさくっと食べましょうか)
が合い言葉です。(意味不明~。)

近所のWALDY'Sは薄い生地で焼いた、サクッと香ばしいピザです。
レジからすぐ見えるウッド燃料の釜にて、目の前で焼いてくれます。
ここのピザはホールでしか買えないので、パツイチグモグモと気軽に買い食い
できなかったのだが、今日はやってトライしてみました。

サクサクカリカリ!
美味しい~。でも軽いからペロリと食べちゃった。
小腹を満たすにはちょうどいいや。
でもそのへんの街角ピザ屋さんより値段は高めなのはちょうどよくないなぁ。
お金を持っているヤッピーたちに人気なのは納得。

WALDY'S 800 Sixth Ave(bet. 27th $28th St.)

パラシュートとしてはおススメしません

mexicanfastfood.jpg


何でも欲しいものが手に入るニッポン多国籍食文化、とおもいきや、
以外にメキシカンの安くて美味しい食堂を見つけるのは困難かも。
日本に帰国中、ハラペーニョ禁断症状で発作があり、大変苦労しました。
(もちろん嘘ですし、それほど辛い物好きでもありません。)
でも、店が無いなら自分で作ろう、とメキシカン風タコライスを創作して、
実家の親には大不評でしたがね。ははは。

ヌーヨークも西海岸の南の方同様、メキシコからの移民(または許可なき労働者)がたくさんいます。メキシカン料理のお店もたくさん。
ここ何年か、アメリカ人のヤッピーたちの間でも、人気があるChipotle(チポトレ)
という、ブリトーなどを売っているファストフード店。ちょっと高いが、
美味しいし、ボリュームも満点で満足度かなり高し。
大きい、柔らかいトルティーヤに、シラントロとライムが入ったご飯、
やわらかい細切りの豚肉、ソテーしたオニオンとピーマン、サルサソース、
サワークリームなどが入っているFajita Brito(ファヒータ・ブリトー)が
ワタシのお気に入りです。
これをお持ち帰りで買った時は、いそいそと脇目もふらずに家路を急ぐワタシ。

一通り食べ終わった後、お持ち帰り用にもらった紙袋の裏を観察したら、
「これ、ありですか?」というジョークを発見。
リサイクル表示の所に、

この紙バッグを捨てないで!
他の使い道でリサイクルにトライ
●猫のキャリアバッグ
●取っ手を耳にひっかければ...手を使わずにブリトーを食べよう
●40万ドルの給料明細入れ
パラシュートとして使う事はおススメしません。

パラシュートに使えるどころか、猫のキャリアバッグにも使えませんから。
これってアメリカン・ジョーク?
ワタシの尊敬するデイブ・スペクターさんの冗談と、同じ匂いがするような。

くまくら亭よこはまカレー

curry.jpg


「今日はカレーよ」と母が言ったら、心の中ではこう思う。
「今日もボンカレーか?」と。
実家ではやく50パーセントの確率で、レトルトカレーが食卓にあがる。
ちょっと悲しい気分になるけれど、まあ文句は言えない。
最近はいつも母カレーはこんな感じらしい。

という事でカレーです。圧力鍋をつかって挑戦します。
おジャガさんは家庭菜園で採れた男爵、
人参
タマネギ
お野菜はシンプルかつゴロゴロ。
ひき肉を使ったキーマカレーです。

あ、トマト買うの忘れた。

ということで、お味の方は後日談コーナーで。

~~~後日談コーナー~~~
チャツネを入れたら、辛さの中にフルーツの甘みがでて、旨味が
ぐっと増しました。
いつものカレーよりこくがありました。最後にプチトマトを
あわててぶち込んだのは失敗だったけれど。
ちなみに老体には濃すぎたのか、父は我慢大会みたいな顔をして
そのカレーをもくもく食べていました。
万人に好まれるご飯っていうのは難しいな~。



まんじゅう、ドーナツ、チョコレート

doughnuts.jpg


ゴディバのチョコレートって高いね。
トリュフのチョコ一粒が300円以上するのね。
ワタシはチョコを食べないけれど、ちょっと大事なお土産にはゴディバのチョコレートでも買って行こうかなとお店をのぞいたります。
のぞくだけ、買いません。デパ地下でのゴディバ売り場では、あまりゆっくり観察させてくれないので、すごい集中力で一望してスタスタ通り過ぎるのが常。

ダンキンドーナツはいつ日本から撤退してしまったんだろう?
昔は神保町の出版社に働きに出ていた時、たまに食べていたように薄ら覚えています。ほとんど、おまけのバーバ・パパ グッズがお目当てだったような気もする。
ニューヨーク・マンハッタンにいれば、苦労なくダンキンドーナツが見つけられます。いっとき、あのスターバックスを抜いて、ダンキンドーナツのコーヒーと、マクドナルドのコーヒーが味がもっとも良いと、新聞に上位番付されていた。
最近日本にオープンしたクリスピー・クリームのドーナツは、現地アメリカのものと寸分変わらないのかな?味とか大きさは同じなの?気になる所、でもスンジュク(新宿)まではいがねよ。東京恐い。

鎌倉・大船駅近くにオープンした十円まんじゅう、和ふ庵。
一個十円よ。小振りだけど十円。
蒸かしたて和菓子がめったに食べられない、ニューヨークのシトたちにお土産を買って帰りたいなぁ。ゴディバもそういう意味では、高価だけれど、およびでない気がするなぁ。

クリームチーズのべ-グル

bagel_snall.jpg


日本のデパートにも時々みかける、
「ニューヨークスタイルのべ-グル屋」さん。
オシャレなお店構えで、中に挟むものもオシャレな食材多し。

確かに確かに、べ-グルとヌ-ヨークは切っても切れない存在。
しかし本当のぬーよーくスタイルとはなんでしょう?
あんまりオシャレとは縁遠いデリ、または道ばたで売っている
ベンダーさんさんとかが、豪快にクリームチーズをはさんでくれるひと品。
そんなものが生っ粋のヌ-ヨークスタイルなのかも。

車にのって朝から道ばたでべ-グルとか甘いパンとかを売っている
ベンダーの人、じつはとっても早起きで、早朝5時くらいから店出しを
している姿を時々見かけます。冬は寒いから大変そう。でもなんだか
早起きをしている人って、人生を得しているように思ったりもする。
街のあちこちにベンダーさんが露店していますが、ひそかに人気店とかが
決まっている模様です。品物がなくなれば午前中にでもさっと
引き上げて行きます。

クリームチーズのべ-グルは、調子にのって食べると太りますので注意。
はまるとやめられないんだけどな。

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。