2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴの気持ち

apple.jpg


ひ~!
2/3スーパーボール(アメフト)のテレビ中継の間にはいるCM料金、
30秒で3万ドルだってよ。(3億円以上)
アメリカって本当にスポーツ大国だなぁ。どこにそんな金がある?ちょっと変,,,。
ワタシなんて1パウンド/2.99ドルのリンゴを買うにも悩んでしまいます。

ヌーヨークのスーパーマーケットでも必ず見かける、日本で生まれた品種・富士リンゴ、んまい!
生で食べるならレッド・デリシャスよりも、マッキントッシュよりも好きです。
アメリカの市場にFuji(富士)が出回ってから人気は常に上位にランクイン。
ヌーヨークのリンゴ農園でも、Fujiが栽培されているようです。
しかしこの州では600以上ものリンゴ農園が存在するらしく、軽くビックリ。
ニューヨーク農産業の経済はリンゴでささえられていると言っても過言でないかも?
http://www.nyapplecountry.com/fuji.htm

スポンサーサイト

愛しのハニー

honey_bear.jpg


「タミー・クマックラー様へ(←先祖はマタギ、超クール)」
ある友達からの来た手紙の書き出しです。
そう、ワタシ「くまくら(熊倉)」といいます。父は新潟県出身。
やっぱりこれは祖先はマタギに間違いなし。
それと関係あるかどうかはわかりませんが、熊が好き。
そしてハチミツが好き。(あれ?もしかして祖先は熊そのもの?)
ヌーヨークのデリで必ず見かける、クマの形の容器に入ったハチミツ、超カワイイ~。
よく見ると、ブランドによって人相...いや熊相が違います。
ついつい、顔を見て選んでしまうのね。
このクマボトル、ラベルが小さすぎるため、栄養素表示ができないので問題にもなっている模様。

ちょっと高級なスーパーマーケットに行くと、色々な植物からのハチミツを見る事ができます。
色もそれぞれ濃淡があって、魅惑的。うっとり。
さすがにクマボトルには入っていないけれどね。

いつか養蜂場見学に行きたい。絶対。
蜂はちょっと恐いけど。

ところで「タミー・クマックラー」はワタシの英語名です。

OREO(クッキー)は立派なスポーツ競技

oreo_dsrl.jpg


アメフトの試合のチケット、3250ドル(約35万円)からだってよ。
上は多分、天井知らず。
ひ~!さすがNFLの王座決定戦。今年はNYジャイアンツが勝ち残って、
2/3にニューイングランドと王座決定戦です!
スタジアムに行けない人は、スポーツバーにくり出す模様。とにかく今から
大盛り上がりの予感です。

ワタシなんかは普段は「スポーツチャンネルつけんなよ、ケッ!」と言う派。
でも今年のNFLはちょっと面白そうだな。
なんたって、インターミッションにトム・ペティが演奏するみたいよ?
こりゃあ観なきゃいけません。

そのNFLのスター選手・マニング兄弟がオレオのテレビCMに出ています。
オレオのクリームなめ競争でお馴染み、ダブルスタッフ・レーシング・リーグに兄弟で参加を表明(もちろんコマーシャルでのジョーク)、記者会見の記者たちがぽか~んとした後、誰も観客のいないスタジアムでマニング兄弟がなめなめ競争をしている。兄のあごにはクリームまでつけて!
このオレオ競技は二組の対決者が向き合って座って、
1)クリームのはさんである二枚のクッキーをひねりはがす、
2)クリームをきれいになめる、
3)目の前の一杯の牛乳にダンク(浸す)して、
4)それをボリボリ食べ、
5)その後、コップの牛乳いっき飲みする。
この早さを競うって言うレースです。

くだらないけど可笑しい~。
CMの最後の台詞は、
「兄ちゃん、大きな間違いをしちゃったんじゃない?」
「い~や弟よ、オレたちはヒストリーを作っているんだ!」。

でもこのオレオ競技、立て続けにはできないと思う。
こんなに牛乳をいっき飲みしたら、お腹がゴロゴロしちゃうもの。

面倒くさいは敵

learning.jpg


何もやらなきゃ疑問がでることないけれど、何か始めると必ず壁にぶちあたる。
それを楽しめる事ができればしめたもの。
面倒くさいって、つい思っちゃうんだけれどねぇ。

この人はいつも寝ている。

yukio02.jpg


I miss you sometime.

imissyou.jpg


なんだか孤独だなぁと感じて、淋しい気分になったとき、
日本の友人にメールを打ってみた。
「一人は淋しいです。」
ヌ−ヨークでも友達がいない事はないのだが、なんだかびょ〜んと周りの世界が広がって、
究極に「誰もいない」感に襲われることがたまにあります。

そんな時に思い出すのはお母ちゃんの言葉。
「辛かったら意地を張らずに帰ってらっしゃいよ」
この言葉は彼女だからこその台詞。母の特権。
この言葉があるからこそ、まだ「帰らない」で頑張れる。

そいでもって、私から淋しいメールを送りつけられてしまった友人からの返信は、
「いいな、一人で!!」。

...そうか、一人は良いコトでもあるんだな。
目の前がぱぁぁああっと開眼。
さすが私の心の友。
まあ、自国にいても結局は滅多に会えないで、1年位ブランクが空いたりするしな。
でもやはり、そんな貴重なシト達だから、やっぱり時々は会いたいな。

ドーナツ棒とかお煎餅とか本を送ってくれる心の友もありがとうございます。
大島弓子さんの新刊を荷物に入れてくれてありがとう。
そいでもって「もんじゃ風味・イカせんべい」は最高でした。
また送ってください。(←結局それかよ)

それじゃ、また。

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。