2008-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな出会い

party.jpg

ワタシのiPodの中には昔のインディペンデント・レーベルの
URCレコードからのアーティストの唄や、
ベルウッド・レコードから出ている高田渡さんの昔の日本のプロテスタントな
フォーク曲が入っている。
ヌーヨークを地下鉄で移動する時など、こっそりこんな60年代後半~70年代前半のアンダーグラウンド的な曲たちを聴いているってわけです。
念のため言っておくが、タイムリーに青春時代を過ごしたわけではない。言っておくがね。

そのiPodの中の曲のひとつに、伝説的な日本のフォーク・シンガー友部正人さんの
『一本道』という曲がある。
♪ふと、後ろを振り返ると、そこには夕焼けがありました~♪
夕暮れ時のマンハッタンでこれを聴くと泣ける。
友部さんのブルースハープに泣けてくるんだよ~。ぐすんぐすん。

先週の土曜日、日本に帰国したリョウコちゃんがヌーヨークに遊びにくると
いうもんで、猫の絵画で有名な久下さんのお宅でパーティーがあった。
(酔っぱらいの女王・ミカちゃん主催のおでん付き)
久下さんのお友達でもある友部さんは、時々ヌーヨークにいらっしゃるらしく、
この時期もニューヨーク・シティ・マラソンに参加するために渡米されて
いたので、そのパーティーにも奥様と供にいらっしゃっていました。
きゃ~、生友部さんー!!と気持ちは女子高生のノリでしたが、あえて冷静を保つ。
しっかり握手をしてもらい、サインをしてもらい、色々なシトに写真を撮ってもらい、
まさに中央線が胸に突き刺さるようなドキドキ感。
友部さんは有名人なところをちっとも鼻にかけない、
繊細でストレートで力強いお人のようにおみうけしました。

「今日なんか、タミーさん(←ワタシ)雰囲気がちがう~。うししし」by 酔っぱらいの女王。

次の日、友部さんとのツーショットを撮ってくれた海谷さんとMASAさん(ミリキタニの猫のCo-producerさん)がEメールで送ってくれました。
緊張の末、ややにらみ気味なのが気になりますが。
友部さんを威嚇していなかった事を、願ってやみません...。

今日の皆さまとの出会いに感謝。

人気ブログランキングへ
↑まだ参加ちゅう

スポンサーサイト

ギョーパー

gyoza.jpg

アツアツ~
サクサク~
バリバリ~

良い餃子はこうこなくっちゃいけません。
はふはふと口いれたらすぐにサクサクと香ばしさが広がります。
タレはおしょう油とお酢で十分。
箸でつまんでタレにちょっとつけたら、口に入れる前に
ご飯の上でひと休みさせるのを忘れずに。その時間わずか瞬きほど。
餃子のジューシーな油分とお醤油とお酢が白いご飯にちょいと色をつける。
このご飯を後から食べるのがまた美味しいからね。

「ギョウザ・パーティーしましょう。ギョーパーですよ」
とメールをくれたのは友人のマイコ・フリーマン。
マイコはんと言っても着物を着た舞子ではない。ましてやマイコゥー(Michael)でもありません。
日本の雑誌でライターやコーディネーターをやっているシトです。
ヌーヨーク在住で、「塩と胡椒」というケイタリングサービスの主催者。
近々、ケータリングサービスに「餃子の部門」つくるという噂。
それくらい美味しいらしいマイコ・フリ-マンの餃子は、以前から気になる存在だった。

ギョーパーの参加者はヘアスタイリストのミウさんとその2歳8ヶ月の息子さんのイーライくん。マイコはんの2歳の息子のハルくんと、アメリカと日本を結ぶマーケティング会社のマヤちゃん、あとからご帰宅されたMr.フリーマン氏、そして野人カメラマンY。
普段あんまり小さい子供との接触がないから、真剣で純粋な目で見つめられるとドキドキするぜ。
あひゃあひゃひゃ~

この世で一番おいしいギョウザは、熊倉好子(母)のだと思っていたけれど、
マイコ・フリ-マンのギョウザはまた格別に旨かった!!
アツアツ~サクサク~パリパリ~を思い出して次の朝も食べたくなったもん。
あんまり「美味しい!」を連発すると、嘘っぽくなるからもう言わないよ、マイコはん。
でも本当にうまかったんだからっ!!

そんでもって、今日の夕飯はなんですか? →マイコ

エプソンくん

epson_printer_lifeservice.jpg


「寿命です」

一分前までは美しくプリントアウトをしてくれていた私のエプソンくん
(インクジェット・プリンター)。
急に上のようなアラートがでて停まってしまった。
あのぅ、今から仕事で使わなくてはいけないんですけど。
それってすごく緊急なんですけど。
そう言いながら色々といじくり回してみたけれど、
自分の手が汚れただけで何の足しにもならなかった。
「お願い、生き返って~!!」とすがりついてもダメ。
「神様、お願いします。いい子にしますから」と付け焼き刃でのお祈りも効かない。

Actions to take
Parts inside your printer are at the end of their service life. See your printer documentation.

正確にはこんな事を言っています。
意味はわかるけれど、おもしろ半分にマックの中に入っているシャーロックくん
(翻訳ソフト他)でトランスレーションしてみました。

取るべき処置
プリンターの中の部分は耐用年数の終わりにある。プリンタードキュメンテーションを見なさい。

インターネットで調べてみたら、どうやらよけいなインクを排出させる、
吸収バッドのようなもの?があふれる寸前(ようするに耐用年数の終焉)に
きているらしい。それを直すためにサービスマンを呼んだら、プリンターを買うくらいの
お値段がするらしい。ご丁寧に自分でなおす方法も図解ででていた。
「ピンセットで管を慎重にひっぱりだす」云々。
調べてみると、このトラブルで大変だった人がけっこうたくさんいるらしい。
自分でもなおせそうだけれど下手したらほんとうに「さようなら~」だね。
しかも時間が無いときては...

というわけでとった処置は「新しいプリンターを買う」という事。
夜の閉店間際に電気屋さん三件はしごして、やっとみつけた一台のフォト・プリンター。
どうやら世の中はファックス、スキャナー、コピー、プリンターが全てついている一体型が
主流のようで、6色印刷できるプリンター単体のマシンを探すのが大変だった。

ところでなんで壊れるの?
耐用年数って惨い。
インクパッドなんて、すぐにちゃちゃっと変えられるように、
ユーザーにやさしいモノ作りができないものかのぅ?
仕事や勉強で使っている人が多いというのに、
急に「寿命です」といわれては困る。
すぐに書類を持っていかなければ、上司やクライアントや教授が怒るではないか!!
「プリンターが寿命でぇ~」なんて言い訳は、大人の世界では
言い訳がたたないのだよ、ワトソンくん。

この資本主義の世の中では難しいのかもね。くす~ん。

買ったのはこれ→Epson Stylus Photo R280。
どうせなら大判プリンターが欲しかったが...。

人気ブログランキングへ
↑参加しています。

右脳な英会話

phone_brain.jpg

プリペイドの携帯電話を人に貸したら、壊れた姿でお戻りに。
なので新しい電話機を調達しましたが、そのアクティベーションが
どうしてもうまくインターネット上でできません。
電話会社との不毛な会話を繰り返し、ケンカをした経験もあるので、
なるべく電話をかけなくないなぁ。
でもこのままじゃ使えないから、重いダイヤルに手をかけた、
って実際ダイヤルじゃなくてプッシュホンよ、当然。

オペレータさんがでてから最初にチェックするのは、
相手が聞きやすい英語の訛りでしゃべってくれる人かどうか。
国によって、アメリカでも州によって、人がしゃべる英語は本当に色々です。
残念ながら今回はあんまり得でない感じだなぁ。
最初は順調にアクティベーションをしていきましたが
途中、どうしてもわからない所がある。
ここはひるんではいけないので「何?もう一度いってくらさい」と言う。
もう一度言ってもらってもなんだかよくわからなかったから
「もう一度いってくらさい」とまた言ってみた。
ここで気のきいた人だったら、違う言い方でゆっくり説明してくれるが、
今日の人は同じ口調で同じ言葉を繰り返した。
ワタシ、またわかんない。
「えっと、あなたが言ったのはこういう意味?」と切り返すと
「No!」と言ったその後に、また同じ言葉で説明をする。
う~んとわかりません。ごめんなさい。
この時点で相手がだいぶイライラしているのがわかる。
そんなときは感情たっぷり込めて、
「ごめんなさい」というと相手は突然柔らかくなってくれるんだよね。
「ごめんなさい、ワタシよく聞き取れないあります」と言って
その場をどうにか切り抜けました。ふ~。
電話って本当に苦手だなぁ。
日本語での電話も好きではない。
この苦手意識を直すためにも、一時、電話のオペレーターのアルバイトでも
やろうかと真剣に考えた事もあります。(結局やらなかったかれど)

ワタシの根拠のない推測ですが、
会話は右耳で聞いた方が理解力が高いのではないですか?
なぜなら右半身は左脳に操られている。
左脳は「数学」や「論理」や「言語」を処理するのが大得意っていうじゃない?
言語力を高めるには、右耳に受話器をあて、左脳を活性化するといいのでは?
ワタシは常に電話は左耳。
よく右に変えたり左に変えたりする人を見ますが、そんな器用な事はできません。
これが電話嫌いの原因ではないのでしょうか?
(ちなみに右脳は芸術とか感覚系がお得意)

いや多分ただの英語の勉強不足に違いないが。
右耳で電話をとる訓練をしてみようか。
脳の研究者の人にお話を聞いてみたいな~。

人気ブログランキングへ
↑参加しています。もしよかったら押してね。

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。