2011-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い話。

20pounds-bros-blog.jpg

20パウンドブラザース。左から雪男、キャン太坊、ジジ(またの名をでぶお)



「ない、カギが無い!」
上着を着て靴をはいて、さあ出かけるぞという時にカギが見あたらない。
いつも置いてある場所にも、鞄の中にも、上着のポケットにも見つかりません。
同じような所をぐるぐると三回くらい探してみても結果は同じ。
昨日の帰宅時、自分のカギを使って家に入ったか思い出そうとしてみますが、
おぼろげであまり覚えていません。
ついには「落としたとすればあそこかな」と思考が働く。
ゴミ箱には無いかな、洗濯カゴに間違って入っていないかなぁ。
出がけにこういう事があるととても焦りますね。
何故無い。ポケットに入れっぱなしの不要なレシートは無くさないのに。
ちょっと止まって考えました。

「うーん」

その時、急に閃いてアパートのドアを開けてみました。
まさかとは思ったがやっぱり...。
ショックでしばらく口がきけなかった。
探していたものはアパートのドアの”外側”のドアノブのカギ穴に刺さっていました。
どうやら帰宅してカギを開け、そのままカギ穴から抜かずに放置して、
一晩中そのままで過ごしてようです...。
いくらアパート内だからって、いくらエントランスは解錠しないと入れないからって、あまりの不用心さに我ながら驚がく...。

出かける前に起こった、ホラーな話でした。


crochet.jpg

「そそそそそそそっかしいぞ...」by 雪男。

雪男のしているマフラーは、ジュエリー&毛糸デザイナーのみゆきさんから教えてもらった、
初めての自作カギ編み作品。



crochet02.jpg

くさり編みの練習をしていたら雪男が大興奮。
毛糸がスキらしいんだな。
まるで地引き網で魚を捕る漁師のようだ...

(この後、チートスも毛糸のヒモで遊んでいたよ)

スポンサーサイト

今年の感謝祭

nekohotoke.jpg


猫又曼荼羅を描こうと思ったら、猫又菩薩に...
とおもったら「猫天使?」って言われました。
まあなんでもいいかーははーっ。


昨日はアメリカの祝日である『感謝祭』でした。
この日は大量のターキーがスーパーマーケットにならび、
みんなが一斉にロースト・ターキーを焼き、家族&友人たちでお祝いをします。
季節的にはちょっと違うが、日本で言ったらおせち料理のような、
季節には欠かせないアイテムといって良いのでしょうか。
「焼いてみようかなぁ」とふと思ってみても、大人二人の核家族+3猫兄弟では食べきれまい、ましてや人をご招待するには遅すぎる...。


ターキーは焼かないけれど何か別の料理を作りたいなぁと思いまして。

そうだ、感謝祭の栗ごはんにしよう!!

長い事自炊組ですが、過去栗ごはん制作の記憶が無い...
もしかして、今回はじめての栗ごはん?

近くのスーパーで手に入れた栗。
モノはイマイチだったかも。

00kurigohan-02.jpg


栗を裸にしたところ。

00kurigohan-03.jpg


炊けた~。

00kurigohan-04.jpg


猫3兄弟にとってはターキーの方が嬉しかったに違いなけれど、
とりあえずお味はまーまーの満足度でした。



皆様、ハッピーホリデー。


born to be meowild -ボーン・トゥ・ビー・ニャイルド。

05**



Born to be meowild。

我ながらナイスネーミング!!(自画自賛)


日本語タイトルは
「ボーン・トゥ・ビー・ニャイルド」
ですっ。





ある所では出済みですが...

blog5gatsu-small.jpg


君は映画「イージー・ライダー」を観たか。
さあご一緒に、ぼ~んとぅーび~ にゃ~あいるど~♪


11月の猫。

blog72-nov.jpg


ここ最近「人間万事塞翁が馬」という言葉がぐるぐるしているんです。

じんかんばんじさいおうがうま。



まさに!



blog72-nov-yukio.jpg

「それってウマい?」




blog72-nov-chibi.jpg

「一休み一休み」


お水な話

filterwater.jpg



みなさん、お水、どうされていますか?
ワタシは滅多にペットボトルの水は買いませんが、
やはり水道水から直接飲みのは躊躇し、PURのフィルターを使ったピッチャー型浄水器で
毎日の飲み水と料理の水を濾過しています。
ヌーヨークのお水は美味しくて安全だと、ブルームバーグ市長は申しておりましたがー。
NYCのホームページを見ると、一日に900回以上もの水質検査をして安全に消費されるための
配慮がされているそうです。

が、

一部掲示板サイトとかニュースでも話題になりましたが、
ヌーヨークの水には、目に見えないエビ(?)が混入されているらしい。
「エビ」と表現される微生物はCopepodsという生物で、
飲み水をフィルター処理をしないニューヨークやマサチューセッツ、サンフランシスコなどの州には
このシトたちが残されてしまうという話です。

話によれば、飲んでも無害。
写真をみるとちょっと気味悪いけれど...。

ワタシはあまり気にしない方で、そんな話も忘れてしまっていましたが、
通常二ヶ月持つフィルターが、約一ヶ月を過ぎてから水を濾過するのに時間がかかるようになり、
ついには出来上がりを作るのに二時間くらいかかるという症状に。
これってフィルターが不良品だったの?
それとも濾過部分にエビがぎっしり... (ぎゃーっ)

綺麗で美味しいお水を飲めるのは本当に素晴らしい事だと思います。
一杯の水を求め、人はどれだけ苦労して来た事か。
蛇口をひねれば水がでる、
浄水器を使えば安全で美味しい水になる。
感謝しながら早めにフィルターを取り替える事にして一件落着。

こぼれ話ですが、
ヌーヨークではコーシャー食品や料理(ユダヤ教の決まりに従った食べ物)を手に入れる事は
とても簡単ですが、水道水に「目に見えないエビ」が混入しているというレポートを聞き、
厳格なユダヤ教の人たちの間で問題になったらしいのです。
というのも時に宗教は戒律のために食べられるものを制限します。
ユダヤ教の教えでは甲殻類を食べてはいけないきまりになっているのです。
「水中で生まれた生物で、ヒレとウロコがないものは食べるべからず」
というわけで、ヌーヨークはコーシャー食品を手に入れるのは最高の土地だけれど、
水だけは別かもしれない... というお話。



«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。