2013-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二週間目、雪男の事。

yukio-toberu.jpg



雪男が旅だって二週間が経ちました。
どこから残しておくべきか、思い出すのもまだ辛いのでザックリと。
顔右側の腫れが見え始めた昨年11月下旬からわずか4ヶ月弱で逝ってしまいました。

同居される猫さん犬さん鳥さんうさぎさんetc. どんな病になっても辛いものです。
が今回の雪男の病気は人間の方も本当に辛かったです。
高度医療センターの検査の結果「おそらく鼻腺癌」という診断でした。
その時点で余命一ヶ月と言われ、治療法は無いと言われました。
鼻腺癌は鼻腔に腫瘍ができてしまう病気です。
お顔が腫れて顔の形が変わってしまいます。顔の腫れ物は悪性の場合が多く進行が早いらしいので、頭の骨を壊し脳の方の浸潤してしまいます。
転移は少なく他のところは健康なのにどんどん進行して神経系までおかしくなってしまいます。
左の方は普通なのに、右側のお顔が変わってくるのが目に見えてわかるのです。
そして自壊して傷も出て来ます。目に見えてはっきりわかってしまうので本当に怖いそして悲しい。

色々手を尽くしましたが(でもアレもできたのではないか、これはしないほうがよかったのではないか、と今でも葛藤と後悔の嵐です)、3/16早朝旅立ちました。
最後の一息まで雪男らしく一生懸命生き、逝った後の亡がらはとても安らかで可愛い顔でした。
晴れた土曜日、朝日がどんどん照らして雪男の顔にあたっていました。
美しい死でした。

なんでよりによってこんな病気に… と思いますが、病は生命活動の一環にすぎず、
また生き物全て死に向かって生きていますし、それを考えたら医療で治る病気は無いのかも。
病気になっても雪男は一瞬一瞬を生きていたし、
ゆっくりとワタシに知恵と力を与えてくれました。
逝ってからも色々助言を与えてくれているような気がします。
人間側の勝手な妄想かもしれませんが。
やっぱりワタシにとって雪男はメンター猫です。

ツイッター等で雪男の事でお言葉をいただいた皆様、ありがとうございました。
たくさん元気玉を送っていただき感謝しています。
まだ精神的に辛いのでまともにご返信できず申し訳ありません。
不義理をお許しください。
詳しい経緯はまたブログ等でお知らせしたいと思います。

みにゃさまの同居猫さん犬さん、動物さんが一瞬一瞬を楽しく普通に生きて
楽しい日常を一日でも多く過ごせますように。


スポンサーサイト

雪男、約束の橋へ

yukio-hikarinonaka.jpg


3/16/2013 早朝
次のステージへと旅立ちました。
早春の晴れた美しい日、肉体を脱いで自由になりました。

うちに来てくれてありがとう。
きっとまたあえるね、またあおうね




まぶしいね

charvil-spring2013.jpg

まぶしいね〜 by チャービルさん

まだ寒いのに春を一番につげる梅の花たちは偉いなと思います。
あ〜もうすぐ春なんだなと勇気がでます。
そんな梅の花たちの時期も終わり桜のシーズンへ。
今朝、関東地方の桜満開のニュースを耳にしました。
今年2013年の桜は観測史上2番目に早い満開ということです。

本格的春到来。



«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。