2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスツリーの行く末

christmastree.jpg


宗教に関係なく、クリスマスツリーがきれいに飾り付けられているのをみると
そろそろ今年も...というワクワク感が漂ってきます。
今年も街角に、クリスマスツリーになるべくして育った生木たちが並んでいます。
素敵に飾られた、温かい部屋にまつられたツリーちゃんを想像。
でもシーズンが終わった後の、道ばたに捨てられた多くのツリーをみるのは心痛い。
綺麗に着飾らされて、きらきら光っていたツリーちゃんたち。
用がなくなったら丸裸にされて外にぽいって捨てられちゃう現実。しくしく。

もちろん工業用のチップにしたり、いろいろと再利用されています。
しかしリサイクルをする人ばかりではなく。
クリスマスツリーちゃんたちが、
第二の人生をきらびやかに過ごせる良いアイデアはないものか?

コメント

へ~!街角でツリーって売ってるのですね。
園芸店とかホームセンターに買いに行くと
ばかり思っていました。
おいくら位するものなのかしら?

そうか~、都会では街頭で売っているんだね。
でも、どうやって持ち帰るのかな? 自分ち(集合住宅?)の前で買うのかな?

友人(アメリカの田舎出身)の実家のすぐそばには、クリスマスツリー農家が
いっぱいありました。街から家族ぐるみで車に乗ってツリーを買いに来るのも
またひとつのクリスマス・イベントみたいね。
しかも気に入った木をのこぎりで自分たちで切るという Do It Yourself 形式。
それも別の見方で見るとなんだか人間のエゴ行為にも見えてしまうけれども。

クリスマス・ツリーを買い忘れて、家族からヒンシュクを買うロッタちゃん
(スウェーデンのこども映画)のお父さんが、実のところ正解なのかも?

さんどまめさま
ヌーヨーク、マンハッタンでは道端で露店風に売られています!
多分、田舎にいけばホームセンターみたいな所もあるんだろうな~。
いくらくらいするのか、ワタシも興味しんしんなので、こんどお店のシトに聞いてくるよー。

チャッキーさま
木の精がいるとしたら、この時期、そうとうご立腹かしら?
露店で買ったツリーは、車に積んで帰ったり、後からデリバリーしてくれるのだと思います。ちっこいのだったらお持ち帰りできるかな~?
ロッタちゃんのお父さん、なんだかきうとね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/124-fbf3a45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。