2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ミリキタニの猫」

catsofmirikitani.jpg


「アメリカのパスポートなんて要らねえ、そんなのゴミだ!」

ヌーヨークの路上で生活をしながら絵を描いていた画家、ジミー・ツトム・ミリキタニ氏の
ドキュメンタリー映画を、チケットもぎりのお手伝いを兼ねて観に行った。
今回は特別上映で、二回のみ、イーストビレッジのアンソロジー・フイルム・アーカイブス映画館で上映されました。
ミリキタニ氏はその映画が撮影された時点ですでに80歳を超えておられ、
赤いベレー帽をかぶり、ニューヨークの路上で絵を描きつづけていました。
監督のリンダ・ハッテンドーフさんが、そんなミリキタニ氏を見て、興味を持たれて
そのドキュメンタリー映画は実現したようです。

ミリキタニ氏はアメリカ・カリフォルニア州のサクラメント生まれ。
第二次世界大戦の時に、日本人収容所に容れられ、アメリカ政府に市民系を奪われ
(自ら棄て??)、オリジナルの国の日本に行くが、その後18歳の時に
アメリカに帰国。アーティストとして生活を続けていた。
80歳になってリンダ監督と出会うまで、自分のアメリカ市民がかなり前にすでに
戻されていたという事をしらず、アメリカのパスポートも社会保険番号も持たず
生活していたという。リンダさんが調べて申請すればステイタスが手に入ると説得
しても、アメリカのパスポートなんていらねえ、そんなのゴミだ、の一点張り。
今日は全てを書ききれないので、とにかく猫が好きな人、
絵を見るのが好きな人は、チャンスがあったら是非映画を見てもらいたいです。
これはミリキタニ氏のドキュメンタリーであり、反戦テーマ的であり、
氏のアートに触れ、おまけにリンダ監督の超キュートでクレバーな猫さんに
会える事ができる映画です。

残念ながらワタシがお手伝いに行った二回目の最終日には、リンダ監督が不在で
お会いする事ができなかったが、一回目に観に行った仕事のパートナーは、監督の
人柄についても絶賛していました。

今日はワタシ、赤いベレーを脱帽の気分。

http://www.uplink.co.jp/thecatsofmirikitani/index.php

人気ブログランキングへ

コメント

実に興味深い。

また、おっさることも筋金入り。

生まれた(そして今も暮らしている)国の
パスポートを拒否するとはツワモノ。

ドキュメンタリーはいいっ!! 見てみたい!!

ロドリゲス様
是非、おススメです!!好きか嫌いかは判断できないけれど、こんなアーティストがいるっていう事を知るのは面白いかも~

観たい!観たい!観たいと思って調べたら、こちら東京では
すでに上映が終わっておりました。。。籠るのもほどほどにしなきゃね。
レッドベレー万歳!!

カトさま
近々、DVDが発売されるらしいよ~!
でも一度見て大好きになった映画だったら欲しいけれど、観ないでDVD購入っていうのは、どうなの?ワタシ的にはナシだけれど。
でも観てもらいたいな~、カトさんにもっ。
レッドベレー万歳

時空を超えて

ガハク!
今、映画チャンネルで「ミリキタニの猫」、見ました!

ドキュメンタリー映画大好物なので、ガハクのブログを見てから
いつか見たいと思っておりました。

すごい迫力!メッセージ力!ミリキタニりょく!監督もすごい!
人間のアイデンティティの源を見た気がする。
アメリカ人はもっと見たほうがよい。

恐るべしレッドベレー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/185-b12141ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。