2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥドゥクという笛

todays_live.jpg

「かっこいいアルメニア出身のおいちゃんと、かっこいいベリーダンサーがでますよ~」
エッセイストでダンサーでもある渡辺葉さんが誘ってくれたライブへ。
ダンサーさん情熱の息吹がひしひしと伝わってくる、
わずか半径3メートル以内でエンカウンター。
「あれがアプリコットの木でできているドゥドゥクという笛なんだって!」

ワタシの辞書の『楽器項目』のページにひとつ書き足されました。
『笛』と聞いたら正直に言えば、小学校で使っていたプラスチックの縦笛が
心に浮かぶ。音楽とか楽器とか、大好きなはずなのに、子供時分に吹いていた
それは全然好きになれなかったのはこれいかに?

ドゥドゥクはもの悲しい中にも美しい音色。
悲しみの中にもオプティミスティックなカタルシス。

楽器っていろんな種類があるんだなぁ。当然だけれど。
ギターだって笛だって、それぞれの国の歴史があるのだなぁ、と気づく。
例えば日本の弦楽器でいえばビワ、管楽器だったら簫(しょう)とか。

音楽を奏でるのにはテクニック然り、ココロが入らないとつまらない。
ワタシが嫌々小学校で習っていた笛にはまったくココロが入ってなかった。
ただ、間違わないように、周りと合わせて目立たないように吹く事だけが課題だったもの。

「あの笛欲しいよ~!」と言ったら、葉さんも赤ワインを飲みながら、
「欲しいよう~!」と目をキラキラさせて言っていました。

最近、思いきって小さな子供用のおもちゃのギター(ウクレレサイズ)を10ドルで購入!
おもちゃなのに、ちゃんとした弦が張ってあって、結構良くできています。
でもやっぱり所詮おもちゃなのね。
いくら頑張ってもきれいにチューニングできません。弦をキュっと巻いた側からすぐ緩む。

ワタシの『将来の欲しいものリスト』に、弦の緩まないちゃんとしたウクレレ、
といのも書き足しておきました。

コメント

はじまして!いつも楽しく読ませてもらっています。
ドゥドゥクの音はアルメニアの音楽にはかかせません。大学時代、先輩の影響でよくきいていました。なんだかなつかしかったのでコメントをしました。

アプリコットの木からできている笛なんて素敵、うっとり~。
アルメニアなんてすごい異国。一生行くことなさそう。
それだけに音楽は聞いてみたいかも。

ガハクのウクレレ聞いてみたい。
ガハクが奏でることに意味がある、たとえ$10でも、おもちゃでも。

コメントをありがとうございます。ワタシにとっては目新しい音楽体験でした!!色々な楽器が存在するんだなぁ~とあらためて開眼しました。もうちょっと詳しくなれたらまたレポートします~。

クレアさま
ワタシの奏でるウクレレ...。へなちょこですよ~。
それもいい具合のへなちょこではなく、本物のへなちょこ。
おもちゃのせいにしてはいけないね。
腕を磨いてアロハに着替えて出直してきますっ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/295-ff735448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。