2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンラブ

bachelor.jpg


今日は会社の税金関係でチャイナタウンの会計士・マイケルの
所にいくつもりだったが「吹雪でオフィスを閉めたから来ないでね」と
言われたので予定変更。
チャイナタウンで空芯菜と米を買ってかついで帰ってこようかとも
思っていたけれど、この雪じゃねぇ。
予定が変わってしまったので有意義に時間を使おうと思って
ブログを書いているわけですが、「それが有意義な時間の使い方か?」
という質問はしないでね、ハニー。
そしてラジオでカントリーとかを聴いているワタシを許して。

アメリカのテレビ番組について少し語ろうかと思います。
こちらではリアリティー・ショーというモノが結構流行っていますが
その種類は様々で、シェフものからはじまり、過酷な環境で生き残っていく
サバイバルゲーム的なもの、太った人がエクササイズなどで痩せていくのを
競うモノなど、発想がベリー・アメリカンな所が見ていて笑ってしまう。
といってもワタシはテレビを自分の部屋に持っていないので、
それほどはまっていませんが、たまにネットでネイティブ英語のヒアリングの勉強を
するのに真剣に聞いたりしています。

その中で「The Bachelor~バチェラー」というのは、
一人の男性←バチェラー役(女性のときもある)とカップルになりたい
シトを募集し、選ばれた25人が最終的にその男性と一対一のカップルになるのを
目指すという番組。
番組の最後に「ローズセレモニー」というのがあって、
バチェラーが次の週にも残したい人に一人ずつバラを配るのです。
もらえなかった人は可哀想に、そこでじゃ、サイナラ~なのです。
今放送しているバチェラー役は「ジェイク、31歳、パイロット、テキサス出身」。
まあそこそこキュートな南部の男の子って感じですが、
彼をめぐって壮絶な争いが繰り広げられる。
現在は最終的に3名までに絞られたのですが、
本当にそれでいいの?っていうつっこみどころ満載で
ついつい仕事の手を止めて見入ってしまったりしています。
応募してきた女性はなんとなくわかる。
ジェイクの写真や経歴をみて「この人と結婚したいかも!」と思って集まってきた訳で。
とくにジェイクさんは前回のThe Bachelorette (女性版)に応募してきた男性陣の一人で、
途中むなしくも落とされてしまった人の一人なので、このリアリティーショーを追っている人
だったら彼の事はよく知っているはず。
でも「今までにない恋に落ちてしまったの!!」と番組内で
目がハートになったり、泣いてしまったり、よくできるな、すごいなぁともういちいちカンシン。
恋は盲目というものでしょうか?
そして選ぶ立場のジェイクはというと
「僕は一度に4人の素晴らしい女性に恋をしてしまった!」と言いながら、
各デートにおいて各女性とハグしたりキスしたり、べたべたべたべたしているわけです。
今週の放送分では各女性のホームタウンに出向き彼女の家族に会ったのですが、
家族からの質問にはすべてポジティブな答えしか言わないし、
要するにすべての女性の家族に対してもいい顔をしている。
その度に「なんて素晴らしい家族なんだ!」と賞賛してみたり、
全然否定的な事をいわない。まあ、テレビ番組だからねぇ。
ほとんど嘘くさい、
というか嘘なんだよね。
バチェラーにとっては「生涯をかけたたった一人の女性を探すため」という目的があるのですが、
本当に応募してきた25人のうちにそんな人がいたらなんて幸運なんでしょうとワタシだったら思う。
実際今まで13シーズンあった番組のうち、本当に結婚して別れていないのは一組のカップルしか
いないんだって。ジェイクは残った三人から本当に生涯の伴侶をさがせるのか?

ごほん、
興奮して一気に書いてしまいましが、
リアリティー・ショーは必ずしも「リアル」でないという事で。
思い過ごしも恋のうち♪
ソウルメイトなんていないから。
__
猫又ニュース
雑誌「ねこ」です。
猫又指南グッズがあたる読者プレゼントの〆切り間近です。





__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング←こちらのホピダスからも
1200円




コメント

なんかよくわからないけれども、あの番組見るとアメリカ人の“self-esteem"観が
リアルにわかる気がします。

「根拠不明の自信」と「謙虚な気持ち」は共存可能でしょうか、ガハク?

ロドリゲスさま
自分の良いところをアピールできるのは良いところだと思いますが、できないものを「できる!」と言える自信はすごいなぁと思ったりします。いや、もしかしたら見習わねばいけない所でもあるのかもしれないと思ったりする今日この頃ですっ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/374-c77d30a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。