2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいよ、Kindle。

ipad_kindle.jpg



今日のニューヨーク、大雨&強風で外出もままなりませんでした。
道ばたに骨が折れて皮が引き裂かれた「傘の死骸」がゴロゴロ落ちていました。

「iPad、買うの?」と友人のサカエさんに質問されました。
間髪入れず「買いません~!!」とワタシ。
手元にあったら非常に面白いガジェットよね~と思いつつ、
実はあまり興味をひかれないのよね。
第一の理由は、ワタシのラブリ~なiPhone(by ソフトバンク)でも
同じような機能を求めるのなら、充分事足りているという事。
現実的にみても価格の499ドル(500ドルより1ドル安い)という
自由になるお金があるんだったら夏に向けて脱毛に行きたいわ~。

ところで現在iPadの広告にも使われ、ジョブズさんがアップルのイベントで
初めてこの新商品を紹介した時にも使用されていたスクリーンの
バックグラウンドにある湖の風景のデスクトップ写真を覚えていますか?
この写真はリチャード・ミズラック(Richard Misrach)さんという
写真家の作品です。空とか海とかを8x10の大型カメラで撮っている方。
残念ながら広告の中のiPadはたて置きの時のバックグラウンドで見せているため、
実際の写真は横長のモノなので左右が切れてしまって
魅力が半減してしまっています。
実はワタシ、ジョブズさんがイベントで初めてこの商品を出したとき、
なんでこのバックグラウンドにこの写真を使うのかまったくわかりまへんでした。
夜の湖の写真が何故か暗い感じがしたのです。正直って。
しかしこのリチャード・ミズラックさんの作品、きちんと見るととても綺麗!!
この湖の名前はピラミッド・レイク(Pyramid Lake)と言い、
ネバダにあるネイティブ・アメリカン保留地にあります。
しかも調べているうち、ワタシが西海岸の本屋さんで見っけて、
どうしても欲しかったのですが買えず(貧乏ゆえ)、
ハンケチを噛みしめて悔しがっていた所に、当時のボーイフレンドが
サプライズで誕生日にプレゼントしてくれた写真集「The Sky Book」の
写真家と同一アーティストだと判明。
あ~、なつかしく甘い思いでだすよ。
これだけでiPadの欲しい率がぐ~んとあがった。(←君、間違っているよ...)

というのは冗談ですが、
実はワタシ、iPadよりもアマゾンのKindle(キンドル)という電子ブックに大変興味がございます。
(こちら以前にもちょっとだけ書いたKindleについてのブログ記事。)
iPadとKindleを比べるのは少し見当違いのような気がしますが、
お互いが意識し合っているのは否めないですよね。
Kindleは画面がモノクロですが、純粋に本をダウンロードして読書をするには
適したツールだと思います。
しかも世界対応なので、3Gが通じる所だったらいつでも好きな本や新聞を
ダウンロードできるのです。その通信料はアマゾン持ちでお金がかかる事が
ないそうです。(つまりダウンロードの時の通信料が無料)
携帯電話会社との契約不要、
USB対応、
PDF閲覧可、
といういくつかの利点を考えたら、ワタシの欲しいものリストの
50番目くらいにアップされたという次第でございます。
Kindleが新しい機械としてkindle3をリリースしてくれないかなぁと密かに期待しています。
無理だと思うけれど、カラーになってWi-Fiになってくれたらな。
でもカラー対応になったらKindleがKindleでいる意味が無くなってしまうかな?
モノクロの画面は目に優しく見やすいという利点もあります。
Kindleはもう終わりだ、とiPadと比べるアナリストがいますが、
ワタシはまったく別物だと思います。
Kindleは純粋に読書を楽しむためには適した...っていうセリフはもう言ったか。
えっと、Kindleは自費出版が可能なんですよ!!
なんと印税は35%。これって現在、日本の印刷媒体の作者に入る印税率を、
数字だけ見たらはるかに上回っています。
まだアメリカ、フランス、ドイツ語のみ対応ですが、
いずれアマゾンがKindleを諦めなければ日本語対応も夢ではないはず。
またPDFでも自費出版対応ということになれば、
コミックマーケットでもトーハンを通した出版物を出していないマンガ家さん
とかには朗報なんではないでしょうか?

いろいろできて一体型になった夢のツールがiPadだとしたら、
読書のために人生をそそぐ硬派なツールという感のあるKindle。
Kindleは独自のアイデアでよりいっそうステップアップしていって
さらに素敵なシステム展開になっていって欲しいのです。

*Kindleについては日々状況が変わっている可能性があるので、購入の前にはよく調べてください。



__
四コマ+エッセイマンガ『猫又指南』
著:くまくら珠美
出版:ネコ・パブリッシング←こちらのホピダスからも
1200円




コメント

8×10カメラ!

昔仕事で触ったことがあります。
あがりがすごい美しいんですよね…。焦点浅いし。
今はなきポラロイド社のポラを使うと、なんだか妙に不思議な色合いになって楽しかったことを思い出しました。
写真、みてみよう……。

MATSUさま
お久しぶりです~、お元気ですか?
お仕事、相変わらずお忙しそうですね。
8x10でワタシも撮影してみたいです。デジタルカメラはもちろん便利で良いものですが、アナログな美しさっていうのはやっぱり捨て難いですよね。ポラロイドのポラ!!面白そうですね。こういのでキャッキャ言いながら遊びたいですね~っ

最近天気がおかしいですよねぇ。こちらも現在風速9m。心配です。

ところでkindleといえば、脳科学者の茂木先生がもってましたね。
この前テレビでやっていました。
気になる本を何冊も同時進行で読みたいんだとか。
私はじっくり入り込むタイプだからやっぱり文庫本がいいかな。

なんでもかんでも多機能にする発想はそろそろ限界かも。
逆にシンプルなものの方がヒットしだしていますよね。(らくらくホンとかモペラとか。)
かくいう私も新しいシロモノ家電は大好きだけど、こういった類のものは変化が早すぎて少々苦手なのです・・・。がんばってついていきたい!!

らんこまるさま
春が訪れる前の荒れ模様でしょうか??
今日はヌーヨークはすんばらしい青空でした!!

茂木さんらしいコメントですねぇ~。ふふふ。
ワタシも一体型とか多機能は本来苦手です。
フレキシブルな多機能さがiPadにあるのは興味がありますが、それはiPhoneにまかせて、読書にはやっぱりKindleが欲しいなぁと思います。英字新聞とか英語の本とかを気軽に読みたい人には超おススメかも。英語学習者にも良いかも!!(辞書機能とか読み上げ機能とかついている)
日本語の本もダウンロードできるようになれば、どこでも気軽に日本の本や雑誌が読めるのになぁ~っ。

じっくり文庫をめくって読むっていうのも良いですよね、うん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/387-bf0478e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。