2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分でやるからもうイイ!

sakiika-hiyazake.jpg


                ↑おっちゃんか?



若輩者ながら(って決して若くない所がミソ)思った事。

ワタシは「お金をだしているからお客様、ワガママを言ってみる権利あり」というお客様意識の強い考え方が好きになれません。
また過剰に「権利」を主張する行動も好きになれない。
売る方も買う方も、ある意味平等な立場であるベキだと思ってしまいます。
商人的には、まったくなってない考え方だとは思いますが、
そう思ってしまうんだから仕方ありません。
もしワタシが老舗の商売人の家のあととり長女の立場で生まれていたら、
とっくに妹か弟にその座を奪われていたに違いありません~。
いや実際には商売人の家の子でも、長女でもありませんし、妹も弟もいませんから。
あくまでも想像なんですが。

しかし逆に「売る方」が目に見えて不機嫌なのもどうかと思います。
残念ながらヌーヨークにいるとこの手出来事は日常茶飯事です。
お店で買い物をしてレシートを手渡せた時に「Thank You」と言います。
「どういたしまして」と言うのはまだわかりますが、
ムスッとして何も言わないお店の人も少なくないし~。
お客がお礼をいって、お店がむっつり黙りって?え?ええ?

人種が多様化している街は文化もマチマチでこんなモンなのかな、と。
いちいち腹を立てても仕方がないかもしれません。

が...。

今日は買い物があって、友人のSakaeさんにつき合っていただいてKマートへ。
ワタシはトイレットペーパー12個入りと、扇風機を一台購入しました。
空いているレジに列んで番が来たので「こんにちは」と言って品物を台にのせました。
まずその時点で無視される。
まあいつもの事なので良いよ良いよ。ちょっと気持ち的にザンネンだけどねぇ~。
若い男の子のキャッシャーさんは「はーっ」とため息をついています。
疲れているのか?
Sakaeさんは「この子聞いてないわ」と(日本語で)一言。
聞いていないというか、聞きたくないというか?
挨拶を返すのさえも億劫なのかしら~?
ここで余計に何かを言いたくなってしまうワタシは、
「大丈夫?」と声をかけてみた。
キャッシャーの子は黙って少しだけうなずいたように見えたけれど、
相当疲れているか、相当レイジーか、まあ基本的に無視って感じで。

苦笑をしながらお会計を済ませ、荷物を受け取ろうとしたら...
トイレットペーパーは大きなビニール袋に入れてくれたのだが、
扇風機の入った比較的大きめの箱は何もされずにむき出しのままテーブルに置いてあります。
「コレ、大きな袋に入れてくれる?このままではワタシ、持ち歩けないから」とキャッシャーさんに一言。
いつもKマートで大きめの買い物をすると、大きなビニール袋に入れてくれるのです。
今日もそれを期待していたワケです。
したら、
「一番大きい袋はココに無い。二階に行けばあるかもしれないからソコに行け」と。

ていうかさ~。
そこのある二番目に大きめの袋を使えるだろ?
ダブルバッグにして取っ手を付ければ梱包できるでしょうが?
と口に出しては言いませんでしたが、Sakaesさんとワタシは「もうダメだわ。怠けているわ」と
日本語で言いながら、レジにあった大きめの袋を三枚、何も言わずに黙っていただいて、
自分たちでレジ脇で持ちやすいように梱包しました。
ココでディスカッションしてもらちがあかないのは目に見えているし、
自分たちでやった方が早い、という判断です。
第一、重い荷物を持って二階に行きたくないから。
すぐそこの出口から出たいから地下のレジに列んだんじゃい。
梱包って言っても大それた事はしていないですよ。
モノの30秒で作れてしまったから~。

何の取っ手も無い、重い四角い箱を平気で手渡す想像力の無さと無神経さ。
折しもアメリカは債務不履行をなんとか対策を得て回避したばかり。
企業も働くものもある程度努力をしないと、小さい事から変えないと、
今後の経済不安定はどうなっていくのかしら。

最近では企業努力によって人材教育というものも抜群に良くなったと思います。
スターバックスがメジャーになった頃からなのかなぁ??
「お客様は神様どすえ」と思えなんて言ってません。
しかし小さいお店も大きな企業も、売る方と買う方が最低限で
気持ちの良いトランスアクションができないモノか?
まさにフロントにいる人材は企業の顔、だと思うんだけれどなぁ?

それでも素晴らしい「持ち手」を作ってくれる、こんなお店もあることはある。


yukiomemo.jpg



最近の素晴らしい出会。
ベトナムサンドイッチ「バインミー」。
旨いよー!!
これで5ドルぽっきり。サーブしてくれたアジアンなお姉さんの笑顔がまたよがったよ~。

vetnamees-sand.jpg


そうだニャ!
チワワブログの「頑張りすぎないように、頑張ります。」さんで
Tシャツを話題にしていただきましたー!!
ありがとうございました♪

コメント

スマイル0円を見習え~。

不思議な国アメリカ!
店員さんのフレンドリー感はまだしも。
なんかこう横柄な感じでもまかりとおるその凄さ!!
そこの所は誰か文句言う人いないんですかねぇ?
ありえにゃ~い;;;;;;;(ノ・ω・))ねぇ~。
私は重い荷物に引っ掛けるプラスチックのあれ・・名前なんだ??
持ち歩いてビニール袋の取ってに引っ掛けます。
こうするとお手々が痛くならないの♪( ̄▽ ̄)♪
ドンキーホーテでいつも余分に無料だから取ってくるのぉ♪貧乏性(笑
こんなお店の販売員!プロですねぇ!キリッ♪

確かに不思議です。

いつも拝見しております。
アメリカって、両極端で真ん中がない国というイメージがあります。もしかするとヌーヨークみたいな大都会の病かもしれませんが。東京もそうなっていくのかなぁ…。

うちは商売やってますが、ガハクのおっしゃるとおり、絶対お互い様だと思いますよ。うちでは売上先には当然、仕入先、ガスや水道屋さんにでも、「ありがとうございます!」と言います。横柄なお客様はいやだなと思うから、絶対自分が横柄な客にならないようにしています。
ガハクがっかりのBOYは、きっと大事に扱われたことがないか、それに気がつかないあわれなシトなんでしょうね。アジアではすでに、日本スタイルの心使いサービスが喜ばれて増えてるらしいし(日本だけがいいわけではないですけど)歴史と文化の壁は厚いとはいえ、きっとヌーヨークも、そういうのも増えるんじゃないですか?
ガハクがヌーヨークでも心あたたまる体験をいっぱいして、おいしいものもいっぱい食べて、いっぱい猫の絵を描いてくれますように。

私は医療現場で働いています。
対等にお医者さん・患者さんのスタンスが理想と考えて接っしていますが、横柄な患者さん・傲慢なお医者さんも多々目にします。
過剰なサービスや気遣いなんて期待していません。ただ、少しでも思いやりを持てばお互い気持ちのいい時間…いや、最低限気分を害さない時間が過ごせるのになーと思うことが何度あったか。

と、コーラと蒲焼さん太郎をつまみながらレスしてみました。

昔の上司が、まさに『客なんだからえらいんだ!』なヤツで
それはそれは横柄だったな~。
違うと思った私は、『契約が成立した時点で立場は対等。』
(あんたのその言いぐさは何だ!!相手に失礼だろ。)←これは心の声。
なる意見をしたりした事も。だって、売ってもらえなかったら
買う方は仕事にならないのにね~。
世の中持ちつ持たれつ♪

しかし、ガハクのそーぐーしたそのやる気ゼロの若者。

ヌカニクギ。
とか思い出しちった。普段使わない言葉なのに。

こういうシト達って若い人に多いのかな?
最近熱血ドラマが少ない影響では・・・・・?

先日、野球見ながらビール飲んで文句言ってました。
私もおっさんか?

仕事で修理依頼の電話を取って、ちょっとくわしくききかえしたら、電話の向こうで「こいつ感じワリー」って言われたことありますけどね。
あと1回電源入れなおしてみてっていったら、「私がやるの?」っていわれたり。

大人の女性にね。
しかも匿名じゃないんですよ?
よく商売やってられるなあって思います。

逆に電話切ってすぐこっち側でお客さんの悪口とかいうヤツもいるんですけどね。
頭悪そうだからやめたほうがいいと思うけど。

まあまあ、お互い商売なんだからキモチよくやろうじゃないか。
それはいろんなとこで思うなあ。。。

  アメリカはチップ文化、ギブアンドテイク文化な上に、世界一だと思ってた自国が不景気だから余計なのかなぁ~?最近は今までの価値観がおかしいと気づいてきたアメリカンは多いと思われますが。。。生活が厳しいと心に余裕はないか。。。貧困層が本当にひどい状況ですよね。
 まー、客と店員とかどんな関係とはいえ、結局は同じ人間、人と人とのかかわりだとゆーのを感じる余裕はほすぃれすな。

さきいか食べたいどすえ

あー、やっぱ愛想のいい店に行ってしまいますよねー。
過剰にへりくだった態度を求めるわけではないけれど、気持ちの良い買い物をしたいですものね。
日本でも、地域によっていろんな応対がありますよね。
でも、買い物とかビジネスだけじゃなくて、人間生活の基本かなぁ?
前、住んでたところで、隣家のマダムがなぜか私を嫌いで、周りに人がいるといないですっごい差だった。
彼女の連れてる幼児(幼稚園前)さえも、こちらが挨拶しても、じっとこっちを見て、「誰がお前にあいさつするもんか」って顔をしてました。
数年我慢してたけど、ある日友人と大騒ぎしてる(人んちの前で)ときに、ぶちっときて、出てって「あんたが問題である」とか言っちゃったな。
でも、それっきりひどい嫌がらせとかなくなりましたよ。
無視しあう仲になったのだ。楽になった。
どうも彼女は生活に不満があると私にぶつかって来てたようです。
思うのは、たとえばレジの彼は、友人や親しい人の前ではフレンドリーに振舞ってるから、仕事のときはこんなもんでいいと考えて行動してるとして、その行為は絶対彼に返ってきてるし、他人からも見えてるんだけど。
上司とかにもわかってしまってるだろうし。
私なら、ガハクみたいに優しく声をかけたりしないで、すっごく冷たく、「その袋を二枚よこしなさい」とか言ってしまうかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/461-32205329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。