2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送り火の日

sunset.jpg


今日は盆の最後の日。
ナスの牛に乗って、のっそりゆっくりとご先祖様の精霊が霊界にお帰りになる日。
「んじゃまた行ってくるから、来年もお迎えよろしゅう」と行って去って行く。
牛でのっそのっそと霊界へお帰りになるとすれば、霊界から家への「足」は
なんだったのかというと、ご存じ、キュウリの馬。
ぱからぱからと疾走して「ただいま~!」とご到着するということです。
牛も馬も盆の飾りのひとつとして、野菜でお人形を作って祀る。

私が家長になった時、この盆の風習はどうなっちゃうんだろう?

久しぶりに実家に戻って、母とか父があたりまえのように、
「今はお盆で(霊が)帰ってきてるから、墓参りしてもからっぽだよ」とかいう
台詞を口にしているのには改めて驚いた。
畏怖の宗教というより古来風習になぞられているよう。
「盆の行事」は仏教由来よ記された情報がたくさんあるし、実際そうなんだろうが、
ニッポンの神道的な信仰の要素も残されているような感じもする。
うまくミックスされているのかもしれない。

どこに住んでいてもアミニズム的生活風習を受け継ぐ事ができる大人になりたいなぁ。
(ってすでに大人過ぎるほど大人だけれど)

コメント

そう思います。

日本人はあまり信仰心がないって言われるけど、元旦やお盆などの古来風習はわりとどこのおウチでもやってますよね~。
今年6月に逝った猫が新盆に帰ってきてくれてるような気がしています。

猫さん、逝ってしまわれたのですね。会えなくなってしまうのは悲しいですよね。でもmonさんと一緒の猫生は楽しいものだったと思います!

昨夕の月は見られなかったけれど、今日の月は見ました。
ほの紅い細い月はなんだか悠久のときを感じさせてくれました。
私はガハクのイラストの雰囲気の時間帯が1日の中で一番好きです。

夕暮れ時はなんだか人恋しい気分になりますね。
周りがほの暗くなって安心するっていうのもあるし、
お腹もすくので「ご飯食べなきゃ」っていう気力が湧いてきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/51-3b998a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。