2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンシング・ヌーヨーク☆

dance.jpg


暗黒舞踏といえば、白塗りの体に布一枚をまとった人たちが、
心の叫びや葛藤とかを独特の動きで表現するもの。
ワタシも高円寺&吉祥寺に住んでいる時代は、デザインの師匠であるKatombo氏に
アングラの世界の教えをいただき、よく知り合いの舞踏家の人の踊りを見に連れて
行ってもらいました。

う~ん、なつかしい中央線時代よ。
今は亡き、日本のブルース・フォークの巨匠、高田渡氏も通った焼き鳥「伊勢屋」の煙が漂う吉祥寺の井の頭公園。
もうもうと煙る店内で、ジャンボシュウマイと安い日本酒をやる。
う~ん、たまらない。ちょっとあの文化に帰りたいかも。

舞踏と言えばそんなおまけ話もついてきますが、
昨日は友達のダンサーのパフォーマンスをSOHOまで見にいきました。
コンセプトはコンテンポラリーダンスと舞踏の融合。
ダンサーのmakiちゃんは、クラッシック・バレエをやっていた人。
私がヌーヨークに初めて住んだ時分と同時期に、makiちゃんも日本から
移り住んできた。
ワタシのヌーヨークでの初めての友達がこの人です。
makiちゃんはヌーヨークに来てからは、コンテンポラリーのダンスに目覚め、
ひたすらレッスンの日々。
日本ではスマップとかのテレビ番組にもでていたんだって。
やはり人の隠された過去は興味深い。

ヌーヨークにも舞踏を中心にやっているカンパニーがあるらしい。
アクロバット的なダンスと、超スローな動きの白い塗り(でも日本の舞踏と違って、
ヨーロピアンな衣装だった)が同じ舞台を立つってことで、面白い舞台に仕上がっていました。
欲を言えば、舞踏のダンサーたちにバラツキがあったのが惜しい~。
心をかき立てられた、あの時に見た舞踏には差があるしけれど。
でも久しぶりに、ちょっとアングラな気分になれて楽しかった。

帰り道は、日本からの来ていたmakiちゃんのママを拉致して、
Eビレッジまでラーメンを食べに行きました。

コメント

やっぱヌーヨークは芸術の街なのね~。
バレエが好きなのでたまに見に行くけど
自分も出来そうな気がするんですよ。
もちろんムリだけどぉー!
舞踊ってすばらしいっ!

さんどまめさま
ダンスをやっている人に聞いたら、子供の頃から「壁も走れそうな気がした」らしいです。忍者のように壁や天井をたたた~って走れる気がしたっていうんですよ。すごいよね~!(実際はできなかったと思うけど)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nekomatashinbun.blog107.fc2.com/tb.php/86-bdf3be78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

PROFILE

くまくら珠美

Author:くまくら珠美
くまくら珠美
漫画を描いたり、絵を描いたり、モノを作ったり色々。
tammy68am@hotmail.com

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。